願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナワクチン、ファイザー、日本で承認申請 早ければ2月に結論

〇 12月18日付NHKニュース「ファイザー コロナワクチン 日本で承認申請 早ければ2月に結論」によれば、

「(前略)

 ファイザーはドイツの企業と共同で新型コロナウイルスのワクチンを開発し、アメリカやイギリスなどでは今月から接種が始まりました。


 日本政府も来年6月末までに6000万人分の供給を受けることで基本合意しています。
ファイザーによりますと、これまでに世界各国で行った臨床試験の最終的な効果の分析では95%の有効性が見られ、人種による目立った違いは確認されなかったということです。
 このため、ファイザーは、18日、日本国内での使用に向け、厚生労働省に承認の申請を行いました

 国内で新型コロナウイルスのワクチンの承認申請が行われるのは初めてで、審査の手続きを大幅に簡略化する「特例承認」の適用を目指しているということです。

 

 ファイザーは国内で実施している臨床試験のデータを来年2月までにまとめる計画で、厚生労働省はこうしたデータを踏まえて有効性や安全性を速やかに審査することにしています。


 早ければ2月中にも、承認するかどうか結論が出る見通しです。(中略)

 

「特例承認」とは

 厚生労働省によりますと、「特例承認」は、通常、1年程度かかる医薬品の審査の手続きを大幅に簡略化して早期に承認する制度です。

適用するには、
▽病気のまん延を防ぐために緊急に使用する必要があること、
▽代わりの医薬品がないこと、それに
アメリカやイギリスなど日本と同じ水準の承認制度がある国で承認されていることなどを
すべて満たすことが条件になります。(中略)

世界の承認・許可状況

 各国の保健当局などによりますと、アメリカの製薬大手ファイザーとドイツの企業ビオンテックが開発した新型コロナウイルスのワクチンは、これまでに
▼イギリス、
バーレーン
▼カナダ、
サウジアラビア
▼メキシコ、
アメリカ、
シンガポール
▼チリの、
少なくとも8つの国で承認、または緊急使用が許可されています。

 

国や地域ごとの確保状況

世界では、ファイザーとビオンテックが開発したワクチンを確保する動きが広がっています。

国や地域ごとのワクチンの確保状況を調べているアメリカのデューク大学のまとめによりますと、今月11日の時点で、
EUヨーロッパ連合が3億回分、
日本が1億2000万回分、
アメリカと▼中国がそれぞれ1億回分、
▼イギリスが4000万回分、
▼メキシコが3440万回分、
▼韓国と▼カナダがそれぞれ2000万回分、
▼マレーシアが1280万回分、
▼オーストラリアと▼チリ、▼それに香港がそれぞれ1000万回分、▼ペルーが990万回分、
イスラエルが800万回分、
コスタリカがおよそ300万回分、
▼スイスと▼パナマがそれぞれ300万回分、
エクアドルが200万回分、
ニュージーランドが150万回分、
クウェートが100万回分などとなっています。」

 

〇 早ければ、2月に結論が出そうです。

 

(関連記事)

#コロナワクチン、ファイザー、審査を大幅に簡略化する「特例承認」求める。厚労省に - コロナ時代の株式投資

 

ファイザーワクチン、#特例承認