願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#東京コロナ、12月24日、新規感染者数888人。過去最多を更新

〇 本日(12月24日)の東京都の新規感染者数は、888人となり、過去最多(1週間前の12月17日の822人)を更新しました。

 

〇 11月以降、東京都の新規感染者数は増加傾向にあったのですが、特に、12月に入って急増しています。

 以下、12月10日、17日、24日時点の新規感染者数の増減分析を年齢階級別に行いますが、感染者数・入院患者数・重症者数は、全て、その時点での7日間移動平均ですので、ご留意ください。

 

〇 12月17日 対 12月10日

 感染者数は全体で24.4%増加しました。感染者が最も多い20代が41.4%増となっており、他の年代に比べ突出して増加率が高く、感染者数増の主たる要因です。

70代も29.6%増と大きく増加しました。

 

〇 12月24日 対 12月17日

 感染者数は全体で14.8%増加しているのですが、20代は14.5%と増加率は平均的です。感染者が20代についで多い30-50代の増加率は23.7~19.2%と平均より高く、感染者増の主たる要因です。

70代は、2.7%減少しましたが、高止まりです。また、80代以上も0.5%増と微増となりました。

 

〇 入院患者数は、増加傾向が止まりません。14日間で14.7%増加しました。

現在は、70歳以上が入院対象ですが、高齢者の入院は長期化しますので、入院患者数は、高齢者の新規感染者数が減らない限りは、積みあがっていきます。

かつ、寝たきりや認知症患者も多く、医療側の負担は、人数以上に重くなります。

 

〇 重症者は、14日間で17.2%増加しました。重症者も70代が中心であり、高齢者の場合、人工呼吸器の装着期間は長期化しますので、重症者も、入院患者同様、感染者が減らない限り増加していきます。

 

〇 コロナ対策の目的は、現状においては、医療提供体制を守り、医療崩壊を防ぐことにあります。

 そのためには入院・重症者の中心である高齢者を感染させないことです。

 

〇 高齢者の主たる感染経路は、家庭内感染・施設内感染です。

 家庭内感染については、家族がうつさないよう気をつける他ありません。

 施設内感染については、都が防止対策を強化すべきです。

 

〇 市中感染が広がった今、高齢者施設・医療機関に対する一斉PCR検査を実施し、

無症状の感染者を早期発見・隔離することで、集団感染を防止することが必要な状況と思われます。

 

〇 東京都年齢階級別新規感染者数・入院患者数・重症者数推移(7日間移動平均

日付

12/10

12/17

12/24

増減率

 
 

①/②

②/ ③

 

10歳未満

10

13

16

40.3

21.3

10代

24

33

31

39.8

-6.5

20代

107

151

173

41.4

14.5

30代

92

107

133

16.1

23.7

40代

77

87

104

13.4

20.0

50代

60

73

87

22.0

19.2

60代

33

39

44

18.5

12.7

70代

24

31

30

29.6

-2.7

80代以上

29

31

31

6.4

0.5

合計

455

566

650

24.4

14.8

           

70歳以上

53

62

61

17.0

-1.2

           

重症者数

56

70

66

24.3

-5.7

入院患者数

1,818

1,950

2,085

7.3

6.9

東京都の資料をもとに筆者が作成

12月24日時点の入院患者数のみ、23日時点の数値。

 

(関連記事)

#東京コロナ、本日(12月17日)の新規感染者数は822人。過去最多を大幅に更新 - コロナ時代の株式投資

 

#東京都、#医療提供体制