願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#ワクチン接種順位 介護従事者は4番目。接種時期は4月以降(未定)

〇 12月23日付毎日新聞記事「医療従事者にまず接種 高齢者、基礎疾患保持者に拡大 ワクチン接種で政府分科会」によれば、

「政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会(尾身茂会長)は23日、新型コロナワクチンの優先接種の対象者や接種の進め方についてとりまとめ案を提示した。

 

 感染者に頻繁に接する機会がある医療従事者らにまず接種し、次に高齢者、その次に高齢者以外で基礎疾患のある人と高齢者施設の職員らに対象を広げる。

 

 高齢者は「65歳以上」とし、基礎疾患については慢性の呼吸器疾患や心臓病、腎臓病、がんなどと、肥満の程度を示す「体格指数(BMI)」が30以上で通院・入院している人らを対象とする方向で調整。来年1月中に最終案を確定する。

 

 米製薬大手ファイザーは今月18日、開発したワクチンの薬事承認を厚生労働省に申請。同省は来年2月までに承認の可否を判断する方針で、こうした動きも踏まえて全国の自治体にワクチンの接種体制の構築に向けたスケジュールを示した。

  それによると、最優先する医療従事者や救急隊員、保健所職員らで感染者に頻繁に接する機会がある人(約300万人)については、来年3月中に優先接種を始められる体制を確保。これに先立ち、ワクチン接種による体調の変化の有無などを調査するため、2月下旬~3月上旬に医療従事者約1万人を対象に先行接種できるようにする。

 3月下旬~4月上旬には、65歳以上の高齢者(3000万~4000万人程度)向けに優先接種を開始できるよう体制を構築。基礎疾患のある人への接種は高齢者への接種の進み具合を確認しながら4月以降に進める。」

 

〇 接種順位と時期を整理すると、

 医療従事者(先行実施)     希望者1万人 2月下旬~3月上旬

 医療従事者、救急隊員、保健所職員 300万人 3月中

 高齢者(65歳以上) 3000~4000万人 3月下旬~4月上旬

 基礎疾患のある人、高齢者施設職員       4月以降(未定)

 

(関連記事)

 #コロナワクチン、政府、接種の順位を発表 - コロナ時代の株式投資

 

#ワクチン接種順位   #ワクチン接種 #介護従事者