願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#大阪コロナ、施設内感染、最初の1人を早期発見することが肝心

〇 高齢者施設・医療機関の施設内感染は、最初は、無自覚無症状の1人が施設内にコロナを持ち込むことに始まり、その後、人の動きとともに、別フロア、別館へと拡大します。

 最終的な感染者数は、感染者発見後の対応、施設の規模によるのですが、八尾市の高齢者施設90人、大阪市医療機関83人など100人近くに達するケースもあります。

〇 12月7日から27日までの期間中、施設内集団感染は41ヵ所、毎日2カ所で発生しています。

 その内訳は、高齢者施設27カ所、感染者数は439人、医療機関14ヵ所感染者数は426人となっています。1ヵ所の平均感染者数は、12月27日の時点で、高齢者施設16人、医療機関30人です。

 

〇 高齢者施設・医療機関の利用者・入所者・入院患者は、高齢者または基礎疾患がある人が大半ですので、集団感染が起きれば、医療提供体制を一気に逼迫させ、死亡者が増加します。

 

〇 医療提供体制を守り、死亡者を増やさないために、無自覚無症状の最初の1人を発見することで、その後の施設内感染拡大を防がねばなりません

 

 そのためには、施設における一斉PCR検査が必要です。

 

〇 大阪府施設内感染 施設数・感染者数(12月7日~27日)

 

高齢者施設

医療機関

合計

 

施設数

感染者数

倍率

施設数

感染者数

倍率

施設数

感染者数

倍率

12/7~13

9

123

14

7

223

32

16

346

22

12/14~20

10

229

23

3

108

36

13

337

26

12/21~27

8

87

11

4

95

24

12

182

15

合計

27

439

16

14

426

30

41

865

21

感染者数は、12月27日時点の累計感染者数であり、職員を含みます。

 

(関連記事)

#大阪コロナ、12月27日、大阪市1カ所、新たに施設内感染発生。 - コロナ時代の株式投資

 

#大阪コロナ、12月の死亡者216人。年間の4割 - コロナ時代の株式投資

 

大阪府、#施設内感染、#一斉PCR検査