願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#アストラゼネカワクチン、英国で接種スタート 一般の冷蔵庫でも保管可能

〇 1月4日付産経新聞記事「英国でアストラゼネカ製のワクチン接種スタート 一般の冷蔵庫でも保管可能」によれば、

「英国で4日、英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大が開発した新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。同ワクチンの接種は世界で初めて。

 英国での新型コロナのワクチン接種は、昨年12月に接種が始まった米製薬大手ファイザーなどの製品に続いて2例目

 だが、アストラゼネカ製は安価な上、セ氏2~8度での保管が可能なため、一般の冷蔵庫でも対応できるのが特徴だ。

  ファイザー製は、保管に同マイナス70度前後の超低温冷凍が必要で、輸送や取り扱いが難しかった。

 アストラゼネカ製ワクチンの実用化により、高齢者や介護施設の入居者らへの接種も幅広く進むとみられる。

 

 英国では3日、同日の新型コロナ新規感染者が5万4990人となり、12月29日から6日連続で5万人を超えた。昨年末から強い感染力があるとみられる新型コロナ変異種が広がり、新規の感染に歯止めがかからない状態が続いている。

 

 英メディアによると、ロンドンを含むイングランド地方の入院患者数は2万3千人を超え、昨年4月のピーク時(約1万9千人)を大きく上回った。医療崩壊の懸念も高まっている。

 ジョンソン英首相は英BBC放送に3日、「今後数週間でより厳しい措置が必要になるかもしれない」と述べ、規制の強化を示唆した。英政府は、4日に再開する予定だったロンドンの小学校について当面、休校する方針を示している。」

 

(関連記事)

#アストラゼネカワクチン、英、世界で初めて承認 安価で保管容易…途上国普及も - コロナ時代の株式投資

 

#英国コロナ、ジョンソン首相、規制強化を示唆。感染拡大、歯止めかからず - コロナ時代の株式投資

 

アストラゼネカ、#ワクチン接種、#英国