願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#兵庫県 病院でクラスター発生

〇 1月11日記事関西テレビ記事「兵庫県で『月曜日最多154人』感染確認 2人死亡 病院でクラスター」によれば、

兵庫県では、新たに154人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。 月曜日としては過去最多となりました。 直近1週間の平均患者数も256.1人となり、過去最多を更新しました。 また、感染者2人の死亡が確認されました。 すぐに受け入れられる重症病床の使用率は69%と、依然として高い状況が続いています。(1月11日午前0時時点)

 伊丹市「市立伊丹病院」では新たに入院患者2人の感染が判明し、これまでの感染者が計5人となり、兵庫県クラスターが発生したと認定しました。

  この病院ではすでに患者・職員計79人にPCR検査を実施し、陰性だったということですが、当面の間、新規入院患者の受け入れを停止しています。」

 

〇 市立伊丹病院では、職員3人・患者2人計5人の院内感染が発生したのですが、PCR検査は、感染が発生したフロアの職員・患者だけで、全館一斉検査は行われていないようです。

 

〇 同病院(許可病床数414床)のホームページによれば、その経過は、

1月7日(木)

 6階西病棟で勤務する職員2名の感染が判明。

 患者及び職員に濃厚接触者はいないが、6階西病棟の入院患者及び職員にPCR検査を実施する予定。感染経路については、現在、調査中。

 今後の対応は、PCR検査等の結果を踏まえ、伊丹健康福祉事務所の指導の下、対応する。

 

1月10日(日)

 1月8日(金)に同病棟の患者1名が抗原検査の結果、陽性であることが判明。
 また、同病棟の入院患者及び職員にPCR検査を実施した結果、上記の患者に加えて患者2名の陽性が1月9日(土)に判明し、6階西病棟の感染者が合計5名(職員2名、患者3名)となった。

 1月7日(木)に感染が判明している職員以外のPCR検査結果は陰性。感染経路については調査中。

 

 なお、上記とは別に患者と接触の無い部署の職員1名がPCR検査の結果、陽性であることが1月8日(金)に判明。

 当該職員は院外の方の濃厚接触者であり、感染経路については病院外の方との接触による感染であると判断。当該職員には濃厚接触者の職員が1名おり2週間の自宅待機と併せてPCR検査を実施。」

 

〇 職員は、患者とは違い、館内を自由に行動します。別フロア、別棟、食堂、休憩室など、その行動は広範囲に及び、別病棟にも感染が拡大している可能性があります。

 現在、兵庫県は医療提供体制が逼迫しており、院内感染拡大は、避けねばならない状況にあります。

 万全を期すため、全館全職員の一斉PCR検査を直ちに実行すべきだと思います。

 

(関連記事)

#北海道コロナ、旭川の教訓、大規模院内クラスターはなぜ起こるのか - コロナ時代の株式投資

 

#兵庫県コロナ 知事、医療機関と高齢者施設のクラスター対策徹底を指示 - コロナ時代の株式投資

 

(参考)大阪府の院内感染の拡大状況

 大阪府で、12月1日以降に発生した院内感染の判明日時点の感染者数と現時点(1月10日)の感染者数を比較した表です。

所在地

判明日

当初感染者数

現時点

八尾市

12/1

8

12

大阪市

12/2

18

42

大阪市

12/7

10

15

枚方市

12/7

9

28

堺市

12/9

7

39

門真市

12/10

19

57

大阪市

12/10

17

30

寝屋川市

12/10

21

24

大東市

12/12

12

33

大阪市

12/14

10

67

富田林市

12/14

10

30

大阪市

12/18

9

28

東大阪市

12/21

19

92

東大阪市

12/24

15

24

堺市

12/24

13

13

大東市

12/25

7

20

守口市

1/1

5

12

泉南市

1/2

9

11

大阪市

1/3

38

96

堺市

1/6

16

23

泉南市

1/7

18

18

高槻市

1/8

7

9

東大阪市

1/8

5

5

大阪市

1/9

6

6

大阪市

1/10

7

7

 

#兵庫県 #院内感染 #病院クラスタ