願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#埼玉県コロナ 高齢者施設職員PCR検査 1月下旬から実施

〇 1月15日付首都圏NEWS WEB記事「埼玉 高齢者施設職員PCR検査」によれば、

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、埼玉県の大野知事は重症化のリスクが高い高齢者への感染を防ぐため、高齢者施設の職員を対象にした緊急のPCR検査を今月下旬から始めると発表しました。

 埼玉県内では、特別養護老人ホーム老人保健施設などの高齢者施設での感染者の集団=クラスターが相次ぎ、先月以降、少なくとも19件に上っています。


 埼玉県の大野知事は、重症化リスクの高い高齢者への感染拡大を防ごうと、県内の高齢者施設の職員に緊急のPCR検査を無料で行うと発表しました。


 対象となるのは、人口あたりの感染者数が多い所沢市戸田市など12の市にある、あわせて427の入所施設の職員およそ2万3000人です。


 検査は、民間に委託して今月下旬に検査キットを送り、来月上旬に結果を通知する予定です。
 高齢者施設の職員に対するPCR検査について、さいたま市は検査費用の一部を助成しているほか、川口市は無料で行うことにしています。


 大野知事は「高齢者施設に職員がウイルスを持ち込むケースが多く、検査を徹底することで、リスクの高い高齢者の感染を減らしていきたい」と話しています。」

 

〇 緊急事態宣言後、高齢者施設に対する一斉PCR検査実施の動きが出てきました。

 

#埼玉県 #さいたま市 #川口市 #高齢者施設 #一斉PCR検査