願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#医療提供体制 日本医師会長「究極の臨戦態勢をとる」

〇 1月20日付ABEMA TIMES記事「究極の臨戦態勢をとる」日本医師会、病床確保のための対策組織設置に言及 中川会長「有事の医療提供体制の構築に努める」によれば、

「(前略)

 中川会長は会見の中で「新型コロナウイルスの流行下において、日本は諸外国に比べ病床数が多いにもかかわらず、なぜ医療崩壊が進んでいるのか。医療関係者の努力が足りないのではないかという指摘がある。

 諸外国は日本よりも新型コロナウイルスの患者数が多く、かつ病床数が少ないにもかかわらず、まだ対応できているのではないかという声がある。これらの指摘に対して、全国の医療関係者は深く傷ついている」と述べた。 「これらの指摘は正しくない」

 そのように反論した中川会長は「欧米ではすでに昨年の第一波の時点で、日本でいう医療崩壊が起こり、医療のトリアージが進んだ。そして、多くの死者が発生した。これまでの死者数はG7の中で見るとアメリカ、イギリス、フランス、イタリアは人口100万人あたり1千名以上になっている。一方、日本は人口100万人あたり、約30人と報告されている」と数字的な根拠を示し「日本では適正な病床数と医療従事者の献身的な努力によって何とか助かる命を助け、瀬戸際で医療崩壊を防いできた」と主張した。

 

 また現状のままではトリアージをせざるを得ないとの認識も示した中川会長は「助かる命に優先順位をつけなければならないが、それは何としても避けたい」。さらに「国によって病床の定義が異なり、単純に比較することは適切ではない」とも主張。

 

 そのうえで「今は有事。病院団体をはじめ、公立病院も公的病院も民間病院もすべて究極の臨戦態勢をとる。

 

 日本医師会日本病院会全日本病院協会日本医療法人協会は新型コロナ感染症病床を確保するための対策組織をあらためて設置し、できるところはすべて、躊躇なく新型コロナウイルスの患者を受け入れるべく、有事の医療提供体制の構築に努める」との考えを明らかにした。」

 

#医療崩壊 #トリアージ