願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#東京都小池都知事殿 高齢者施設・医療機関の集団感染防止対策強化をお願いします

〇 1月21日付スポーツ報知記事「東京で1471人感染…小池百合子知事「ウイルスへの最も有効な処方箋はステイホーム」によれば、

「東京都は21日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1471人確認されたと発表した。重症者数は前日から1人減の159人。累計の感染者数は9万人を超え、9万659人となった。

 都は21日有識者を交え感染状況を分析する定例のモニタリング会議を開催し、感染状況、医療提供態勢ともに4段階中最も深刻な警戒レベルを維持した。

 同会議に出席した専門家からは、新規感染者数の7日間平均は前週の約1699人から、20日時点で約1471人に減少し、増加比は約87%で約1か月ぶりに100%を下回ったことが報告された。

 一方で、「新規陽性者や増加比は低下しているものの、依然として極めて高い水準にあり、引き続き厳重な警戒が必要」との指摘が上がった。

  また、新宿や銀座などの主要繁華街の夜間滞留人口は、昨年12月20日を起点に減少に転じていることが報告された。

 専門家によると、前年同時期に比べると、午後8~10時75%減少、午後10~12時では72%減少した。

 一方で、昨年の緊急事態宣言発令時の最低値と比べると、午後8時~10時は2・1倍、午後10~12時は1・9倍の水準で、「感染者数のピークアウトが始まったとしても、引き続き夜間の滞留人口は当面抑制し続ける必要ある」との見方が示された。

 

 小池都知事は、「夜の外出は低下に減じているが、昼間の人流を含めた全体の人の流れは十分に抑えられていない」と述べ、「ウイルスへの最も有効な処方箋はステイホームだ。昼夜、平日、休日も不要不急の外出自粛にご協力いただきたい」と都民へ改めて呼び掛けた。」

 

〇 全体的には、前週よりも減少したとしても、高齢者、特に80代以上は感染拡大が止まりません。

 このままでは、重症化リスクの高い高齢者の入院患者増による医療提供体制の逼迫、さらには、死亡者の急増が避けられません。

 

〇 80代以上の主たる感染経路である高齢者施設・医療機関に対する集団感染防止対策強化を、都民である私から都知事に呼びかけたいと思います。

  

〇 東京都年齢階級7日間移動平均新規感染者数推移

  緊急事態宣言 前週 今週    
  1/7 1/14 1/21 宣言比 前週比
  ⓷/① ⓷/②
年齢階級 % %
10歳未満 27 39 47 △ 73.7 △ 20.4
10代 59 100 81 △ 37.8 ▲ 19.1
20代 338 449 337 ▲ 0.3 ▲ 25.1
30代 254 313 263 △ 3.7 ▲ 15.8
40代 203 234 236 △ 16.1 △ 0.8
50代 162 217 211 △ 30.8 ▲ 2.8
60代 79 109 131 △ 64.9 △ 20.0
70代 58 83 101 △ 74.7 △ 21.2
80代以上 51 66 106 △ 107.2 △ 60.3
合計 1,230 1,611 1,513 △ 23.0 ▲ 6.1

東京都の資料をもとに筆者が作成

 

(関連記事)

#東京コロナ 1月19日、高齢者施設内感染25カ所、感染者54人。院内感染18カ所、感染者66人。院内感染死8人。 - コロナ時代の株式投資

 

#東京都モニタリング会議 #ステイホーム #外出自粛要請