願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#東京コロナ  流行状況を踏まえた臨時対応=i CDC 専門家ボード

〇 1月28日に開催された東京都定例モニタリング会議の資料「都における新型コロナウイルス 感染症の流行状況を踏まえた 臨時対応 東京 i CDC 専門家ボード 令和3(2021)年1月」によれば、その内容は、以下の通り。

https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/012/907/30kai/2021012808.pdf

 

(目的)

 重症化リスクの高い新型コロナウイルス感染症の陽性者への迅速な対応により都民の命を守る

 

(方針)

 各保健所が管轄する地域の実情に合わせ、発生した陽性者の重症化リスクに係る状況把握を優先

 

(保健所の行う積極的疫学調査等の取扱い)

 疫学調査及び健康観察については、 「陽性者が重症化リスクのある者であるか、又は重症化リスクのある者が多数いる場所・集団※ に直接帰属しているかの把握」に重点化

※ 高齢者や基礎疾患を有する者、医療機関、 高齢者施設、障害者施設、特別支援学校 等

 

(東京 i CDC専門家による意見)

 ・ 現段階はクラスター対策ではなく、重症化しやすい者への迅速な医療提供が重要である

 ・ 「命を守る」という観点から、保健所が対策の重点を置くべき対象は、高齢者施設等、ハイリスク者が多数いる場所・集団 である

 

 ・市中の感染拡大防止対策は、行動制限等で対処すべき

 

  ・臨時対応は、今回限りというものではなく、今後のさまざまな対策との組み合わせの中で、繰り返していく必要がある

 

(臨時対応 終了の目安)

※ 新規陽性者数の目安: 国が定めた感染状況の指標のステージⅢ相当 (都に当てはめると新規陽性者1日あたり約300~500人程度)」

 

〇 コロナ対策の目的は、重症化リスクの高い都民の命を守ることであり、その観点から、保健所が対策の重点を置くべき対象は、高齢者施設等、ハイリスク者が多数いる場所・集団であるというのは正しい考え方だと思います。

  臨時ではなく、是非、常時対応にしていただきたい、と思います。

 また、臨時対応の目的が都民の命を守るというのであれば、終了の目安は新規感染者数ではなく、死亡者数であるべきだと思います。

 

 iCDCについては、下記を参照のこと

東京i CDC専門家ボード会議 東京都福祉保健局

 

#iCDC