願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#東京コロナ 初めて死亡者全員の感染経路を発表

〇 2月3日、東京都は、死亡者数が32人と過去最多になったこと、及び、その感染経路を発表しました。

 これまで、断片的に感染経路を発表することはありましたが、死亡者全員の感染経路を発表したのは初めてです。

 

東京都 感染経路別死亡者数

         

 

施設

病院

家庭

会食

合計

施設+病院

日付

2/3

9

7

4

2

10

32

16

50.0

(注:施設=高齢者施設

         

NHK WEB記事をもとに筆者が作成

 

東京都 年齢階級別死亡者数

       

日付

60代以下

70代

80代

90代

100歳以上

合計

2/3

2

4

14

12

 

32

割合

6.3

12.5

43.8

37.5

0.0

100.0

東京都の資料をもとに筆者が作成

 

〇 死亡者の8割は80代以上であり、感染経路としては高齢者施設・病院が5割です。

 

〇 昨年8月3日付日経記事「感染経路不明、全国で5割超 東京は『家庭内』目立つ」によれば、

「(前略)都が6月末までに死亡を確認した感染者325人の感染経路を調べたところ、医療機関福祉施設での感染が5割以上を占めた。

 日本感染症学会の舘田一博理事長(東邦大教授)は『今後の医療提供体制の逼迫を防ぐには、病院や高齢者施設での感染拡大をいかに抑えるかが最重要になる』と強調している。(後略)」

 

〇 第1波でも、死亡者の感染経路としては、医療機関と高齢者施設が5割以上を占めており、おそらく第3波においても同様の割合になると思われます。

 

〇 ところで話は違うのですが、昨年8月時点では、専門家の意見は、『今後の医療提供体制の逼迫を防ぐには、病院や高齢者施設での感染拡大をいかに抑えるかが最重要になる』というきわめて真っ当なものでした。

 それが、今や、「急所は飲食店」という何とも的外れのものに変わってしまったのは、どのような経緯があったのでしょうか。

 

(関連記事)

#東京コロナ 2月3日、施設内感染50ヵ所、感染者131人。施設内感染死9人、院内感染死7人 - コロナ時代の株式投資

 

#コロナ対策 急所=「飲食店」の専門家意見に異議あり - コロナ時代の株式投資

 

#コロナ死亡者感染経路