願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#院内感染 別病棟に感染拡大、福島県での病院クラスター

〇 2月12日付福島民友新聞記事「竹田綜合病院で「クラスター」発生 福島県、新たに11人感染確認」によれば、

「県は11日、竹田綜合病院(会津若松市)に勤務する職員7人の新型コロナウイルス感染を確認し、県内32例目のクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。7人を含む計11人の陽性が10日に判明した。1日当たりの感染者数が2桁となるのは2日の13人以来、8日ぶり。県内の感染確認は計1805人となった。

 病院では4日に20代男性職員の感染が判明しているが、7人との接触が確認できていないため、県はクラスターに含めていない。

 7人とも陽性患者の専用病棟を担当しておらず現時点で感染の起点は不明という。(後略)」

 

竹田総合病院のホームページによれば、

「2月5日 当院職員の新型コロナウイルス感染発生について(第1報)

 今回感染した職員は、新型コロナウイルス感染患者を受け入れる専用病棟に勤務する職員であり、吸引等の密接なケアを要する高齢・重症患者を複数名担当しておりました。
 1月30日より咳の症状があったことから、2月4日にPCR検査を実施したところ、陽性が確認されました。
 当院では、本日よりこの職員と接触があった病棟職員のPCR検査を順次実施しておりますが、現在のところ陽性者は出ておりません。(後略)

 

2月11日 当院9階東病棟に於ける感染発生について(第1報)

 去る2月10日、当院9階東病棟に於いて新型コロナウイルス感染が確認されました。
 今回感染したのは、入院患者9名と職員9名です。現在、県及び会津保健所と共に感染拡大防止に努めております。

 この病棟に入院している患者さん及び病棟に勤務、または感染した職員と接触歴のある職員全員に検査を実施しております。(後略)」

 

〇 残念ながら、感染者の濃厚接触者の範囲内でしかPCR検査を実施していません。

 もしも、2月4日、コロナ専用病棟で最初の感染者が確認された時点で、全館全フロアの職員・患者に対する一斉PCR検査を実施していれば、別病棟における感染者発見を早めることができました。

 院内感染拡大を防ぐためには、感染の起点がどこであれ、1人の感染者を確認した時点で、疫学調査ではなく、一斉PCR検査を実施し、感染がどこまで拡大しているのかを把握すべきです。

 

(関連記事)

#院内感染 国内初「やりすぎが奏功」=和歌山県 - コロナ時代の株式投資

 

#疫学調査  #一斉PCR検査