願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#緊急事態宣言 「減らない9県」が示す全国へのウイルス蔓延

〇 2月16日付日刊ゲンダイ記事「衝撃!新規コロナ感染者数が「減らない9県」が示す全国へのウイルス蔓延」によれば、

「15日の新型コロナウイルス新規感染者数は昨年11月16日以来、3カ月ぶりに1000人を下回った。7000人前後で推移していた1カ月前からは激減だ。

 

 しかし、まだまだウイルスは全国各地にしっかり根付いている。感染ゼロ県はほとんどなく、むしろ、感染が拡大している県も見られる。第1波の時と比べても減り方が小さい。

 

  第1波の感染者数が743人と最大だった昨年4月11日、新規感染者がゼロだったのは岩手、長野、鳥取など10県しかなかった。しかし、同16日に緊急事態宣言が全国に拡大されると感染は減少に転じ、1カ月後の5月16日、新規感染者ゼロは35府県に増えた。宣言が全面解除された同25日は全国の感染者数は21人まで減り、大阪や埼玉など40府県が感染者ゼロだった。ほぼゼロコロナである。

 

 ところが、今回は地域限定の緊急事態宣言とはいえ、状況がまったく違う。11都府県に緊急事態宣言が拡大されてから1カ月余り経つのに、15日、新規感染者が確認されなかったのは秋田、山形、島根、長崎などたったの8県だった。

 

西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏がこう言う。

 「感染者が圧倒的に多かった首都圏や近畿圏の感染者数が減っているので、日本全体をまとめた数字は大きく減少しているように見えます。でも、いまだに感染者数ゼロが8県だけなのは深刻に受け止めるべきです。感染を抑えられている地域はほとんどないということです。地方ではクラスターが複数発生すればすぐに感染は拡大していきます」

 東京経済オンラインが算出している全国の実効再生産数(今月13日時点)は0.73と1を下回り、感染収束傾向を示している。

 ところが、徳島、青森、福岡、石川、愛媛、新潟、山梨、鹿児島、高知の9県は1を超え、感染が拡大している。

 徳島は20人超の病院クラスターが起きた。石川でも病院クラスターが発生し、14日には過去最多タイの30人の感染者が判明。石川の人口は東京の12分の1なので、東京なら360人のインパクトである。

「第3波のピークと比べるのではなく、なぜ、前回の緊急事態宣言を参考にしないのか。前回は全国の新規感染者が20人台、新規感染者ゼロが40府県で緊急事態宣言を解除しました。このことを踏まえて解除の議論をすべきです」(中原英臣氏)

都会の感染者減少に喜んでいたら痛い目に遭う。」

 

(関連記事)

#都道府県別新規感染者数 直近1週間(2月9日~15日)。前週比増加11県 - コロナ時代の株式投資

 

#緊急事態宣言