願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#緊急事態宣言 解除の判断、来週後半以降の方針 官邸内に慎重論

〇 2月18日付朝日新聞記事「宣言解除の判断、来週後半以降の方針 官邸内に慎重論」によれば、

「10都府県で続く新型コロナウイルス感染症対応の緊急事態宣言について、政府は感染状況の見極めを続けるため、解除の判断を来週後半以降とする方針だ。

 新規感染者数は減少傾向だが、ワクチン接種も始まって医療機関の負担はなお大きいとして、首相官邸内では、宣言期間中の早期解除に慎重な声が根強い。

 厚生労働省の専門家組織が18日に会合を開き、10都府県の医療提供体制を引き続き厳しいと評価した。

 

 全国の10万人当たりの1週間の新規感染者数は、1月11日には36人だったが、直近では約7人にまで減少。入院者数や重症者数、死亡者数も減少が続く。

 ただ、60歳以上の新規感染者数の割合が高まっているため重症者数の減少に時間がかかっているとした。全国の感染者数について、脇田隆字座長は「減少速度が鈍化してきている」と述べ、警戒を促した。

 専門家組織は年度末にかけて、歓送迎会や卒業旅行、お花見での宴会を控える必要性を訴え、変異ウイルスについて「急速に拡大する可能性が高い」と注意を呼びかけた。

 

 会合終了後、政府分科会の尾身茂会長は取材に「感染の下げ止まりが起こる可能性が出てきた」と警戒感を示し、緊急事態宣言期間中に、感染者数をもっと下げておく必要があるとした。」

 

〇 緊急事態宣言発令中の都道府県の新規感染者数が減少する一方で、発令対象外の県では、前週比で増加する県が増えてきました

 その背景には、市中感染の拡大、それに伴う病院・高齢者施設などのクラスター発生および変異種の地方への感染拡大があると思われます。

 

〇 医療提供体制の脆弱な地方こそ、感染拡大は深刻な医療体制逼迫をもたらします。

 遅かれ早かれ、緊急事態宣言は解除されるでしょうが、宣言対象外の県にとっては、感染拡大の加速要因となります。

 

〇 政府は、地方への感染拡大への備え、すなわち、検査・医療体制を今から整備すべきです。

 

(関連記事)

#都道府県別新規感染者数 直近1週間(2月12日~18日)。前週比増加9県 - コロナ時代の株式投資

 

#緊急事態宣言解除