願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#高齢者施設内感染 濃厚接触者のいない別フロアに感染が拡大したケース

〇 2月19日付女性自身記事「陽性でも入院できず感染が拡大…急増する施設内クラスター実態」によれば、

「(前略)

(東京都北区)新町光陽苑では、19名の利用者と8人の職員が感染。4名の利用者が亡くなった(2月11日時点)。 高橋さんが経緯を振り返る。

1月2日に職員1名が発熱、翌日に陽性が判明しました。すぐに接触があった利用者の方18名と職員19名にPCR検査を実施。5日には全員の陰性が確認できました」

 

 新町光陽苑は、“ユニット型”と呼ばれる特養で、少人数のグループ(ユニット)ごとに、入居者には個室が用意され、決まった介護職員がつく。1月3日時点で、全4フロア100居室は、ほぼ満床。入居者は要介護度3以上で、認知症がある方も多いという。

 

 「職員1名の陽性がわかってすぐに、ショートステイはストップ。その職員が働いていた3階フロアの共有部分は立入り禁止に、エレベーターホールも封鎖、感染エリアを担当する職員は、ほかの階の入居者や職員とは接触しないようにしました」

 保健所の指導のもと、徹底的に対策を行った。感染の拡大は防げると思ったが……。

 

1月6~7日にかけてほかのフロアの職員や入居者にもPCR検査を行ったところ、1月10日までに、無症状の職員1名と、入居者3名の陽性が判明しました」

 さらに、発熱した別の入居者1名を救急搬送したところ、病院で陽性が確認された。陽性が判明した3名の入居者は入院できず、施設内で見守ることに。壮絶な日々の始まりだった。(後略)」

 

〇 濃厚接触者のいないはずの別フロアに感染が拡大したケースです。

1月2日 3階フロアで働く職員1人が発熱

3日 陽性が判明。接触があった利用者18人と職員19人にPCR検査を実施。

5日 3階フロア全員の陰性を確認。

6~7日 ほかのフロアの職員・入居者にPCR検査

10日までに 無症状の職員1人と入居者3人の陽性を確認。

 

〇 1月3日、職員1人の陽性が判明した時点で、3階の濃厚接触者に限定せず、全4フロアの利用者・職員全員に対し、PCR検査を実施すべきでした。

 それを実施していれば、無自覚無症状の感染者を早期発見することができ、感染拡大を最小限にすることができました。

 

〇 それができなかったのは、保健所が疫学調査を行ったためです。

 疫学調査では、濃厚接触者にPCR検査を限定しますので、全フロアの利用者・職員を対象とした一斉PCR検査が実施されることはありません。

 

 保健所が、疫学調査を止め、施設内一斉PCR検査を行う日が来ることを願っています。

 

#疫学調査 #一斉PCR検査