願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#院内感染 他病棟の職員・入院患者全員検査を実施するかどうか様子見をしているケース

〇 2月23日付テレビ静岡記事「【新型コロナ】クラスター発生 浜松医療センターが会見 6人感染者を確認 静岡・浜松市」によれば、

「(説明者 病院長)

 2月22日16時頃、職員(医療従事者)1人が体調不良を訴えたため、検査をして陽性が確認されました。この職員はコロナの専門病棟ではなく、一般病棟の職員です。

 急遽、22日夜、その病棟に出入りする職員(医師・看護師・薬剤師・理学療法士など)と入院患者全員の検査(抗原定量検査=1時間ほどで結果が出る)を実施しました。200件を超える検査の結果、新たに職員1人と入院患者3人の計5人が陽性となり、クラスター発生ということで報告することになりました。 偽陽性の患者もいたため、再度検査した結果、もう1人入院患者の陽性が判明し、結果、職員2人と入院患者4人の陽性が確認されました。(中略)

 

 <今後> 感染者が発生した病棟は今後、3日ごとに検査をしていく予定です。症状が出ていなくても潜伏期で発病する可能性もあるため、今回陽性の方はコロナ専門の隔離病棟に移っています。(中略)

 

 ・1000人の職員、入院している450人を全員検査するかは推移を見ながら検討

 

〇 残念なのは、「1000人の職員、入院している450人を全員検査するかは推移を見ながら検討」としている点です。

 すでに、院内にコロナは侵入しており、それが1病棟に留まっている保証はどこにもありません。

 誰でもいつでもどこでも感染する可能性があるのが市中感染です。医療従事者も例外ではありません。

 1000人の職員がいれば、何人かの無自覚無症状の感染者がいても不思議ではありません。

 

 また、無自覚無症状の職員・患者により、他の病棟に感染が拡大することもよくあるケースです。

 

 全病棟の職員・入院患者全員に対し、直ちに、PCR検査を実施すべきだと思います。

 

 

#院内感染 #一斉PCR検査