願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#ノババックスワクチン 従来型ウイルスで有効性96% 、認可申請へ

〇 3月12日付ロイター記事「ノババックスのワクチン、従来型ウイルスで有効性96% 認可申請へ」によれば、

米ノババックスは11日、英国で実施した新型コロナウイルスワクチンの後期臨床試験(治験)で、従来型のウイルスに対し96%の有効性が示されたと発表した。

 ノババックスは今回のデータを用い、複数国の規制当局に承認申請を行う見通し

 

 英国で感染が広がっている感染力の強い変異株に対する有効性は約86%で、従来型と英国型のデータを合わせた全体としての有効性は約90%だった。

 

 感染力の強い別の変異株が広がっている南アフリカで実施された小規模な治験では、エイズウイルス(HIV)未感染者に対する有効性は約55%にとどまった。HIV感染者を含めると有効性は約49%に低下した。

 

 ただ、英国と南アのいずれの治験でも、重症化や死亡を防ぐ効果は100%となった。(中略)

 

 変異株に対応するワクチンも開発中で、今年第2・四半期に治験を開始する計画。

 

 ノババックスのワクチンは、2回接種が必要。同社は複数の国で当局に承認申請を行う方針だが、米国での申請時期や、米規制当局が同国内で実施されている治験の完了を求めるかどうかは不透明。米国の治験データは4月初旬までにそろうと見込む。

 ドゥボフスキー氏は、英国での認可申請は今年第2・四半期の早い時期を引き続き予定していると述べた。(後略)」