願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#ワクチン接種効果 欧州各国、高齢者死亡大幅減少

〇 3月19日付NHK NEWSWEB記事「ヨーロッパ各国 政府や専門家 高齢者にワクチン接種の効果指摘」によれば、

「(前略)

 フランスでは、今月15日の時点で、75歳以上の40%余りが、少なくとも1回の接種を受けました。
 なかでも優先的な接種が行われた高齢者施設では全国の施設のおよそ70万人の入所者のうち、89%が1回目の接種を、68%は2回目の接種も終えています。
 保健当局のまとめによりますと、高齢者施設での1週間の感染者数は、ことし1月には9000人以上にのぼっていましたが、今月初めには3025人と3分の1まで減少したほか、死者も3分の1近くに減りました。(中略)

 

 イングランドでは、65歳以上のおよそ90%が1回目の接種を済ませ、現在は50歳以上を対象に接種が進められています。
 イングランドの保健当局は先月(2月)21日までに入院したケースや亡くなった人などの増減を分析しました。
それによりますと、ファイザーなどが開発したワクチンについて80歳以上の高齢者の死亡を83%減らしたとみられるとしています。(中略)

 

 スペイン政府のまとめによりますと、スペインの高齢者施設では、ワクチン接種が始まったばかりのことし1月には、1週間(1月18日~24日)の感染者数が多いときで4463人にのぼっていましたが、今月初めの1週間(1日~7日)には44人にまで減少したということです。
 また、同じ時期の死者も715人から33人にまで減ったということです。

 スペインでも重症化リスクの高い人たちにワクチンの優先的な接種が行われていて、高齢者施設などの入所者の97%が1回目の接種を、87%が2回目の接種を受けています。

 スペインのダリアス保健相は今月16日、ワクチンについての国際会議で行ったあいさつで「ワクチンは希望をもたらしてくれた。高齢者施設での死者が減少するなど、確かな効果を示している」と述べ、ワクチンの効果を高く評価しました。」

 

(関連記事)

#アストラゼネカワクチン EU当局、血栓との因果関係なしと結論。ワクチン接種再開 - コロナ時代の株式投資

 

#欧州ワクチン