願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#東京コロナ 都の変異株検査が少ないカラクリ

〇 3月29日付日刊ゲンダイ記事「小池知事のコロナ対策はスキだらけ…都の変異株検査が少ないカラクリ、カンニング竹山も怒って当然!」によれば、

「「ハッキリ言って小池さんは何もやっていない」――。カンニング竹山が出演番組で最近「コロナ無策」の都政に不満を爆発させている。気持ちは十二分に理解できる。

 

 特に出遅れているのは、再拡大の要因とみられる感染力の強い変異株の検査だ。

 神戸市は陽性者の約7割を検査しているのに、都の検査率は21日までの1週間で6.12%(25日18時時点)。

 直近22~24日も10.59%(同)で、小池知事の目標「4月上旬に25%、その後40%」には程遠い。

 

 ■都内の変異株検査が少ない理由  

 理由は通常のPCR検査との“公民ギャップ”だ。

 都はPCR検査の約93%を民間に頼るが、変異株検査を担う民間機関は先週末時点で1社のみ。大半は都の「健康安全研究センター」(健安研)が実施している。

 

「健安研のような施設は『地方衛生研究所』と呼ばれ、各都道府県や政令指定都市、一部の中核市など全国83カ所に設置されています。

 ところが、都内には1カ所しかなく、管轄人口は2010年調査で1246万人と断トツ。全国平均167万人を大幅に上回り、2位とも2倍以上の開きがありました」(ある野党系都議)

 

 検査体制が管轄人口に追いつかないのは容易に想像がつく。それでも26日に都議会で成立した2534億円のコロナ対策関連補正予算に、検査充実の費用は盛り込まれていない。やはり小池知事は「何もやっていない」。(中略)

 

 28日時点のグーグル感染予測は来月16日に1000人を超え、同月21日には2000人突破と見込む。それでも小池知事は「ウイルスの好物は心のスキ」とくだらない標語を掲げ、都民に感染拡大の責任を押し付けるのみ。スキだらけのコロナ対策の方がよほど罪深い。竹山はもっともっと怒っていい。」

 

#変異株 #変異種