願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#印コロナ 「第2波」直面 ムンバイなど封鎖懸念。途上国向けワクチンの輸出にも影

〇 4月2日付日経新聞記事「インド、コロナ」によれば、

「インドが新型コロナウイルスの感染「第2波」に直面している。1日あたりの新規感染者数は2月に1万人程度にまで減っていたが、足元で急増し4月に入って8万人を超えた。  商都ムンバイのある西部マハラシュトラ州は夜間の外出制限が始まり、新たなロックダウン(都市封鎖)の懸念も出ている。

 インド保健・家族福祉省は2日、直近24時間の新規感染者数が8万1466人だったと明らかにした。2021年に入ってからは最多となり、20年秋以来の高水準となった。同国では20年3月から全土でロックダウンを実施し、1日あたりの新規感染者数は9月の10万人弱をピークに減少傾向にあった。

 封鎖措置は各地で段階的に解除されたが、21年3月以降に感染が再び急増した。

 変異ウイルスも発見されている。現地紙によると、北部パンジャブ州では新たに調査されたサンプルの約8割が変異ウイルスだったという。(中略)

 

 感染の急拡大はインド政府が進めるワクチンの輸出にも影を落とす。

 途上国へのワクチン普及を進める国際組織「Gaviワクチンアライアンス」は3月25日、インドのワクチン製造会社セラム・インスティチュート・オブ・インディア製のワクチンの到着が遅れると発表した。「インド国内での需要の高まりのため」と説明している。」

 

#インドコロナ