願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ20代男性死亡 基礎疾患なし、1人暮らし、入院できず。5月2日陽性確認、6日死亡。京都

〇 5月12日付京都新聞記事「コロナで基礎疾患ない20代男性、自宅で死亡 1人暮らし、入院できず 京都」によれば、

京都市は12日、市内在住の20代男性が、新型コロナウイルス感染症の肺炎とみられる症状で自宅で死亡したと発表した。男性に基礎疾患はなかったという。

 

 男性は飲食業で1人暮らし。陽性確認後に入院を希望したが、入院できないまま自宅療養中だった。

 在宅での死亡は府内で4人目で、いずれも京都市内在住。府と市によると、20代の死亡は府内で初めてで最年少

 

 厚生労働省のまとめでは、5日時点(速報値)で国内の20代の死亡者は3人。20歳未満はいない。

 

 市によると、男性は4月29日に発熱やせき、たんの症状が出て、5月2日にPCR検査で陽性と確認

 府内のコロナ患者の入院調整を担う「入院医療コントロールセンター」に入院希望を伝えていた。

 自宅療養中は、保健所の医師や保健師が毎日、電話で健康観察を行い、4日は「全身の倦怠(けんたい)感は改善している」と答えたという。

 

 しかし、5日には電話に応答せず、5日深夜に男性の知人から119番があり、京都市消防局と京都府警が男性の自宅を訪れたところ、翌6日に男性の死亡を確認したという。

 

 京都府内の高度重症病床は11日時点で、確保された38床のうち30床を使用しており、使用率は78・9%となっている。」