願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#ワクチン大規模接種 予約は電話での対応なし…専用HPと「LINE」で。5月17日から

〇 5月12日付読売新聞記事「大規模接種会場での接種、予約は電話での対応なし…専用HPと「LINE」で」によれば、

防衛省は12日、東京都と大阪府で24日から開設を予定している新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場について、予約方法などを発表した。

防衛省・自衛隊:新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた取組

 

 東京、千葉、埼玉、神奈川、大阪、京都、兵庫の1都2府4県に住む65歳以上の人が対象で、17日からインターネットで予約を受け付ける。大規模接種会場の設置は全国の自治体が検討しており、モデルケースになる可能性がある。

 

 同省によると、数多くの予約を迅速にさばくため、予約は同省のホームページに設けた専用コーナーと無料通信アプリ「LINE」のみで受け付け、電話での対応は行わない。

 予約が殺到するケースを避けるため、当面の間は、居住地ごとに予約開始の時期を区切る。

 接種時間は午前8時から午後8時までで、土日や祝日も対応する。

 

 予約には、市区町村から送付された接種券が必要で、既に自治体で1回目の接種を終えた人は対象外となる。混乱を避けるため、ワクチンは1種類に限定する方針。同省幹部によると、米バイオ企業モデルナ製が使用される見通しだ。

 

 東京会場には、自衛隊医官・看護官、民間看護師ら計約290人、大阪会場には計約190人を配置する。

 1日の接種能力は東京会場で約1万人、大阪会場では約5000人を確保したという。ただ、5月末までは調整期間として、それぞれ約半数の接種にとどめる。

 接種履歴は、政府が導入している「ワクチン接種記録システム(VRS)」で管理し、対象者は開設期間中に2回分の接種を終えてもらいたい考え。2回目の接種も同じ会場でできるようにする。(中略)

 

 ただ東京、千葉、埼玉、神奈川の1都3県には、全国の高齢者(65歳以上)の4分の1にあたる約900万人が居住している。3か月間にわたる東京会場での集中接種でも計約90万人程度にとどまる計算で、政府にはさらなる対応が求められる可能性がある。」

 

(関連記事)

#ワクチン接種 「1日1万人接種は自衛隊次第」 河野ワクチン大臣、東京の大規模会場 - 願!コロナ退散