願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#大阪府重症者 40~60歳代が急増、変異型影響か…病床ひっ迫に拍車

〇 5月14日付読売新聞記事「大阪で40~60歳代の重症が急増、変異型影響か…病床ひっ迫に拍車」によれば、

「感染力が強いとされる「N501Y」変異型の新型コロナウイルスが猛威を振るう大阪府で、40~60歳代の重症患者が急増している。

 

 4月後半には、重症患者の6割近くを占めた。こうした働き盛り世代の重症者の増加が病床の逼迫(ひっぱく)に拍車をかけているとの見方も出ている。

 

  大阪府では、3月前半の新たな重症患者に占める40~60歳代の割合は31・7%だった。

 しかし、3月後半には51・1%と、変異型の感染拡大に伴って上昇し、4月後半には56・9%を占めた。70~90歳代の39・6%を上回っている。

 

 京都府も、3月の重症患者は全員60歳代以上だったが、4月以降は30~50歳代が目立ち、4月26日時点では21人のうち7人(33・3%)に上った。今月12日には、京都市が、基礎疾患のない20歳代男性が入院待機中に自宅で死亡したと発表した。

 

 若年層の重症者の急増には、変異型が影響しているとみられる。

 国立感染症研究所は、変異型の重症化リスクは従来型の1・4倍で、40~64歳では1・66倍と特に高いと分析している。

 

 釜萢(かまやち)敏・日本医師会常任理事は「従来は、若年層の感染が拡大した後、高齢者に感染し、重症者が増えるケースが典型的だったが、より早い段階から重症者が増える結果になっている」との見方を示している。」

 

(関連記事)

#東京都重症者 5月急増 若年化も同時進行 - 願!コロナ退散