願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#緊急事態宣言 大阪府、再延長要請を決定=吉村知事

〇 5月25日付THE PAGE記事「大阪府「緊急事態宣言」の再延長要請を決定 吉村知事「感染者数は減少傾向にあるが重症病床率が高い状況にある」によれば、

大阪府は25日午後、大阪府庁で「第50回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議」を開いた。

 今月31日が期限となっている「緊急事態宣言」について、大阪府は府内の医療体制が極めて厳しい状況が続いていることから、宣言の再延長を政府に要請することを決定した。(中略)

 

 会議では藤井睦子・府健康医療部長が「現時点で病床使用率が90%という現状で、自宅療養者も約6千人いることなどが報告された。ようやく緊急事態宣言の効果が目に見える形で表れてきたということですので、取り組みの継続が必要と考えております」と現状を詳しく説明した。

 

 また、専門家からの「重症患者用の病床数が24日現在、348床確保されているが、この病床数は通常診療を犠牲にしながらの病床確保数。大阪府で救急や手術、院内重症患者の集中治療を十全に行いながら、コロナ診療も並行して行うための病床数は確保病床224床前後と考えられるため、未だ病床のひっ迫は通常診療に大きな影響を及ぼしている。

 緊急事態宣言の段階的な解除の議論のスタートは、すべての新規重症患者が重症専用病床に入院し、かつ通常医療も可能な重症病床 224 床になったときであると考える」という意見も発表された。

 

 吉村知事はこれらの意見を聞いて「医療提供体制が極めて厳しい状況にあります。重症者の数が300人を超える状況ですから、通常医療を制限しながら対応している。今もしこの感染が再拡大すれば、極めて厳し状況になるのは明らかであります。

 現状の大阪の感染者数、減少傾向にありますが重症病床率高い状況にあると考えると、延長の要請をすることを決定したいと思います」と話し、延長を要請することが決定した。(後略)」

 

(関連記事)

#緊急事態宣言 6月20日まで延長で調整、9都道府県 - 願!コロナ退散