願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#まん延防止措置 4都県で延長調整 6道府県は解除へ、8日に決定

〇 7月6日付毎日新聞記事「まん延防止、4都県で延長調整 6道府県は解除へ 8日に決定」によれば、

政府は、新型コロナウイルス対策で10都道府県に適用中の「まん延防止等重点措置」について、東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県で11日までの期限を延長することを調整している。

 緊急事態宣言を発令している沖縄県は、まん延防止措置への移行を検討。いずれも期間は1カ月程度を想定する。

 北海道、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の6道府県はまん延防止措置を解除する方向だ。

 8日にも開く基本的対処方針分科会で了承を得られれば、政府対策本部で正式決定する。

 

 菅義偉首相は6日夕、西村康稔経済再生担当相や田村憲久厚生労働相ら関係閣僚と宣言やまん延防止措置の取り扱いを協議した。加藤勝信官房長官はその後の記者会見で「各地域の感染状況、医療提供体制などの状況を精査した」と説明した。

 

 東京都の新規感染者数は5日時点で、最も深刻な「ステージ4(感染爆発)」相当にある。埼玉、千葉、神奈川の新規感染者数も減少せず、政府はまん延防止措置の延長が必要と判断した。(後略)」

 

〇 新規感染者数が増加傾向にあるのは、首都4都県に限りません。

 まん延防止措置適用10都道府県中、愛知以外の各県の新規感染者数は減少から増加に転じています。

 増加に転じたタイミングで解除するのは、いわば火に油を注ぐ行為であり、感染拡大を加速させる結果になると思われます。

 

(関連記事)

#都道府県別直近1週間の人口10万人あたり感染者数 ①東京 ②沖縄 ⓷神奈川 ④千葉 ⑤埼玉(6月30日~7月6日)。全国前週比109%。 - 願!コロナ退散