願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#緊急事態宣言 神奈川県、政府の承諾が得られず、独自に宣言

〇 7月16日毎日新聞記事「千葉、緊急宣言「選択肢」 首都圏3県で感染拡大、強まる警戒感」によれば、

「(前略)

 神奈川県は、横浜や川崎など4市だったまん延防止措置の対象を、ほぼ全域の32市町に拡大することを決めた。一定の条件を満たした店なら提供できた酒類は、全面的に停止を要請することになった。

 

 同県では15日、約半年ぶりに400人を超える感染が判明していた。

 黒岩祐治知事は会議で「まさに緊急事態に入ったと言わざるを得ない。『神奈川版緊急事態宣言』を発出し、まん延防止措置の中で最大級の対応を図る」と述べた。

 

 関係者によると、当初県は緊急事態宣言の発令要請に向けて政府と協議したが、承諾が得られず、16日の要請は見送ったという。黒岩知事は会議で「緊急事態宣言は、カードとして置いておく」と語った。

 

 埼玉県もさいたま、川口の2市だった同措置の対象を20市町に拡大する。酒類提供は県の認証を受けた店で「1人飲み」と「家族飲み」に限り、午後7時まで認める。15日までの1週間の新規感染者数は前週の1・5倍。大野元裕知事は「極めて早いペースで新規陽性者が拡大している」と警戒を呼び掛けた。

 

 千葉県の熊谷俊人知事は16日の記者会見で、緊急事態宣言について「この感染傾向が続けば、選択肢に入れなければならない」と述べた。同日には、3月の2回目の同宣言解除以来、最多となる277人の感染が判明。9市だった重点措置の対象区域に2市の追加を決めた。熊谷知事は「神奈川県、埼玉県と意見交換しており、統一した行動が取れるようにしたい」と語った。(後略)」

 

〇 神奈川県が緊急事態宣言を要請したにもかかわらず、政府が承諾しなかったのは、オリンピックを前に、感染が拡大しているような印象を与えたくなかったということでしょうか。

 

(関連記事)

#緊急事態宣言 神奈川県、要請を検討。県独自の発令も視野 - 願!コロナ退散

 

#都道府県別直近1週間の人口10万人あたり感染者数 ①東京 ②沖縄 ⓷神奈川 ④千葉 ⑤埼玉(7月10日~16日)。全国前週比144%。 - 願!コロナ退散