願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#ワクチン接種後死亡 コロナ vs. インフルエンザ

〇 厚労省発表の副反応疑い報告によれば、コロナワクチン接種後の死亡者は、今年6月27日時点で454人(ファイザー製453人、モデルナ製1人)、2019年度のインフルエンザワクチン接種後の死亡者は6人です。

 

以下は、インフルエンザワクチンとファイザー製ワクチンの比較です。

 

         接種人数    接種後死亡者  死亡率(対100万人接種)

コロナ     2624万人  453人    17.3人

インフルエンザ 5650万人    6人     0.1人

 

接種期間

 コロナ     2021年2月17日~6月27日

 インフルエンザ 2019年10月1日~2020年4月30日

 

 コロナワクチンは、インフルエンザワクチンに比べ、接種後死亡者は圧倒的に多くなっています。

 なお、上記の453人に加え、今年6月28日から7月2日までの間に、新たに101人のワクチン接種後死亡の報告がありました。

 

〇 厚労省は、上記453事例を対象に、専門家の評価を実施。

評価結果は、以下のとおり。

 ワクチンと症状名との因果関係が否定できないもの     (注1)1件

 ワクチンと症状名との因果関係が認められないもの         7件

 情報不足等によりワクチンと症状名との因果関係が評価できないもの 451件

 

(注1) 血小板減少の原因としては、ワクチンが誘因になった可能性は否定できないが、血小板減少と死亡との直接的な関連性は不明である、とされた事例

 

(注2)複数の症状が報告された6症例について、症状別に評価が分かれたため、いずれの評価結果も集計している。したがって、件数の総和は症例数とは一致しない

 

〇 コロナワクチン接種と死亡との因果関係は、情報不足等により評価不能というのが、厚労省の分析であり、因果関係が認められて補償金を受け取った遺族はいません。

 

(資料)厚労省副反応疑い報告

ファイザー製コロナワクチン

https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000802338.pdf

 

モデルナ製ワクチン

https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000802339.pdf

 

インフルエンザワクチン

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000710865.pdf

 

(関連記事)

#ワクチン副反応 接種後死亡事例にみる「死因」等の属性。死者の多くが、持病を複数抱える65歳以上の高齢者 - 願!コロナ退散