願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#ワクチン接種後死亡 鳥取県、60代女性が死亡。接種後死亡者は6人に

〇 7月19日付BSS山陰放送記事「【新型コロナ】ワクチン接種後に60代女性が死亡 鳥取県の死亡例は6人に」によれば、

鳥取県でワクチン接種後の副反応疑いで新たに1人が死亡していたことが分かりました。これで、あわせて6人の死亡が確認されたことになります。

 

 鳥取県新型コロナウイルス感染症対策本部によりますと、7月11日時点で新型コロナワクチン接種後に死亡が確認されていたのは5人でしたが、先週、新たに1人の死亡が確認され、あわせて6人となりました。いずれもワクチン接種と死亡との因果関係は不明としています。

 

 新たに死亡が確認されたのは60代の女性で、これまで県内で死亡が確認された6人の中では最も若い年代の死亡例となります。

 

 副反応の疑いについては 死亡例を含め、これまでに37件が確認されています。」

 

〇 鳥取県のコロナ感染死亡者数は、累計で2人です。いずれも、今年1月に死亡しています。

 一方、2月に始まったワクチン接種後死亡者数は、累計で6人となり、コロナ感染死亡者数を上回っています。

 

 これまで厚労省に報告のあったコロナ接種後死亡者数は、7月2日時点で556人ですが、厚労省は、ワクチン接種のメリットがリスクを上回るとして、接種を続行しています。

 

 東京や大阪など感染多発地帯で、人との接触機会の多い人は、感染リスクが高く、接種のメリットは大きいと思われますが、感染リスクが低い環境にある人は、接種リスクとの兼ね合いが微妙です。

 

接種リスクについては、下記の記事を参照してください。

#ワクチン接種後死亡 コロナ vs. インフルエンザ - 願!コロナ退散