願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ第5波 4連休でデルタ株(インド型)が全国に飛び火の恐れ

〇 7月23日付日刊ゲンダイ記事「4連休でインド株が全国に飛び火の恐れ 感染者5000人超えは増加予測を大幅に上回るペース!」によれば、

「連休明けに感染爆発か――。東京都内の22日の新規感染者数は1979人。直近1週間平均は1371.4人に上り、前週比55.7%も増えた。

 

 首都圏を中心に感染急増が続く中、4連休初日の22日は都内の人出が増加。それだけでなく、東京から脱出する人も続出した。羽田空港を取材した航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏がこう言う。

 

「緊急事態宣言下にもかかわらず、航空券の新規予約がキャンセルを上回る異常事態です。午前6時台でも満席が目立ち、台風の影響で欠航となった沖縄方面を除き、帰省・旅行先は多方面にわたりました。利用者は家族連れや若者、高齢者など、幅広い。

 やはり宣言下の窮屈な東京から脱したい人が多く、東京五輪の観戦チケットが払い戻しになったため、都内にいる理由がなく返金を見込んで出かける人も。都内で感染が増えているので、逆に地方に出かけた方が安全と考える利用者もいました」

 

 五輪関係者が県境を移動しており、政府や自治体の「ステイホーム」の呼びかけに説得力がないことも空港利用者の増加につながったという。

 

 感染急増や矛盾した自粛要請を考えれば、東京から脱出したくなるのもうなずける。しかし、懸念されるのがインド株の全国への飛び火だ。

 

 厚労省のデータによると、全国で確認されているインド株は累計582件(19日時点)。うち約6割を東京、千葉、埼玉、神奈川の1都3県が占める。首都圏から全国への人の動きに伴い、インド株がばらまかれる恐れがある。(後略)」

 

(関連記事)

#都道府県別直近1週間の人口10万人あたり感染者数 ①東京 ②沖縄 ⓷神奈川 ④埼玉 ⑤千葉(7月17日~23日)。全国前週比1.50倍。 - 願!コロナ退散