願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#東京医療逼迫 入院率16.1%(ステージ4)。前週比5.8ポイント低下(7月29日)

〇 東京都では、新規感染者数が倍増するとともに、自宅療養者が急増しています。

入院率は、この1週間で5.8ポイント低下し、16.1%となりました。

 

〇 「入院率」は、すべての療養者の中で入院できている人の割合です。

 入院率は、政府の「新型コロナウイルス感染症対策分科会」が今年4月、医療逼迫具合に関して新たに定めた指標です。

 感染者が増加すると、本来は入院する必要があるのに入院できずに自宅や施設で療養する人が増えることから、「入院率」は数値が低いほど、受け入れることができない患者が増えている、つまり医療がひっ迫している可能性があることになります。

 入院率のステージ4は25%以下です。ちなみに、ステージ3は40%以下です。

 

 入院率16%とは、感染者の16%しか入院できず、84%の人は、自宅療養、宿泊療養、入院・療養調整中の状況に置かれていることを意味します。

 

〇 7月29日現在、自宅療養者は約8500人、入院・療養等調整中は5500人となっており、今後、自宅療養死の増加が懸念されます。

 

東京都入院率推移

日付 7/22 7/27 7/28 7/29  
  7日前 前々日 前日 本日 前週比
 人数
自宅療養 4,512 6,277 7,348 8,477 1.88
宿泊療養 1,772 1,827 1,839 1,819 1.03
入院 2,544 2,864 2,995 3,039 1.19
入院・療養等調整中 2,809 3,404 4,172 5,575 1.98
全療養者合計 11,637 14,372 16,354 18,910 1.62
入院率(%) 21.9 19.9 18.3 16.1  

(注) 入院率=入院者数 ÷ 全療養者

東京都の資料をもとに筆者が作成

 

(関連記事)

#コロナ入院率 大阪府10.5%(厚労省発表)。自宅療養者数1万人超 - 願!コロナ退散