願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#ワクチン接種 アストラゼネカ製 公的接種に追加。ただし、40歳未満は原則対象外。厚労省

〇 7月30日付NHK NEWSWEB記事「アストラゼネカワクチン 公的接種に追加 40歳未満は原則対象外」によれば、

新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、厚生労働省アストラゼネカのワクチンを公的な予防接種に加えることを決めました。

 極めてまれに血栓が生じるリスクがあると指摘されていることを踏まえ、40歳未満には原則、接種しない方針です。

 

アストラゼネカのワクチンはことし5月に承認されましたが、極めてまれに血栓が生じるリスクがあると指摘されていることから、公的な予防接種には使用されてきませんでした。

 

 厚生労働省は、対象年齢などを慎重に検討してきましたが、原則、40歳未満に接種しないことを条件に公的な予防接種に使うことを30日、専門家の分科会に提案しました。

 

 理由として、イギリスでも40歳未満にはほかのワクチンを推奨したうえで公的な接種に使用していることに加え、接種が進んでいない40代や50代の重症者が東京都を中心に増えていることや、国内の関連学会が6月、治療の手引を公開したことなどを挙げています。

 

 ファイザーやモデルナのワクチンの成分にアレルギーがある人が接種を希望する場合や、ほかのワクチンの流通が停止した場合など、必要性がある場合は40歳未満への使用を認め、今後、国内外の状況を踏まえて対象年齢を再度検討するということです。

 

 分科会では「選択できるワクチンが増えることは重要だ」とか、「ネガティブな印象が先行しているが、イギリスで接種されている実績があり、期待できる」などと賛成する意見が出て提案は了承されました。

 

一方、自治体側の一部の委員からは「ほかのワクチンよりリスクが高いと住民の接種に使う気持ちになれない」とか、「急にワクチンが変わると住民に伝えるのが難しい」といった意見もあり、今後どう接種を進めるか、国が自治体の意見を聴いたうえで検討していくことになりました。

 

 国が公的な接種への使用を提案した背景には、全国の自治体に希望するワクチンが届かず、接種の予約を停止する動きが相次いでいることなどもあるとみられます。

 

 また、分科会では、モデルナのワクチンについて、公的な接種の対象年齢を現在の18歳以上から12歳以上に拡大することも提案され、了承されました。」

 

(関連記事)

#ワクチン接種 アストラゼネカ製、40歳以上で検討。厚労省、「臨時接種」に位置付け - 願!コロナ退散