願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#都道府県別感染状況 32都道府県「ステージ3・4」。お盆控え感染対策強化

〇 8月5日付日経新聞記事「32都道府県「ステージ3・4」お盆控え感染対策強化」によれば、

「(前略)

 新規感染者が国の指標で「ステージ3(感染急増)・4(感染爆発)」に相当するのは4日時点で32都道府県まで広がった。

 お盆休みを控え、重点措置の対象外の自治体も飲食店の営業時間短縮など対策を強化している。

 

 重点措置への追加8県のうち7県は、人口10万人あたり新規感染者(直近1週間の合計)が感染爆発とされる25人以上で、愛知は23.56人。すでに宣言・重点措置下にある11都道府県はすべて25人を上回る。

 

 感染拡大は首都圏など人口集中エリアから近隣へ波及している。

 重点措置などの対象外で感染爆発となっているのは、福井、山梨、奈良、和歌山、鳥取、岡山の6県、感染急増は宮城、新潟、富山、三重、広島、香川、佐賀の7県に及ぶ。

 

 重点措置を要請しながら今回の適用が見送られた広島県は5日、酒類を扱う飲食店に午後8時(酒類提供は午後7時)までの時短を求める地域を7市に広げることを決定。4日に始めた広島市など3市に加え、10日から福山、呉など4市が対象となる。映画館や商業・運動施設などにも午後8時までに終業するよう働きかける。期限の9月12日までを集中対策期間とし、県民にも外出半減などを求めている。

 

 岡山県は4日から31日まで岡山市内の飲食店に午後9時(同午後8時)までの時短を要請。5日には県内で実施中の宿泊割引の停止や、岡山後楽園(岡山市)の休園を決めた。伊原木隆太知事は「お盆、夏休みは極力リスクを管理しながら楽しんでいただきたかったが、今は耐えるときだと考えている」と語った。

 

 重点措置適用が決まった福島、群馬両県に隣接する新潟県は5日、新潟市全域に独自の特別警報を発令した。接待や酒類提供のある飲食店に10日から23日までの時短を要請。県が感染防止対策を認証した店舗は午後9時(同午後8時)まで、それ以外は午後8時(同午後7時)までとした。

 

 花角英世知事は「重点措置や宣言まで進むと時短要請にとどまらない制約が社会全体にかかる。今の段階で止めたい」と強調しつつ、重点措置要請の局面が来る可能性は「十分あると思う」とも述べた。」

 

〇 8月4日時点で32都道府県だったステージ3以上の県は、8月5日には、3県増えて35都道府県となっています。

#都道府県別直近1週間の人口10万人あたり感染者数 ①沖縄 ②東京 ⓷神奈川 ④埼玉 ⑤千葉(7月30日~8月5日)。ステージ3以上35都道府県。全国前週比増加率1.83倍。 - 願!コロナ退散