願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#第5波 子ども感染が急増。今春の3倍、家庭内で広がる

〇 8月17日付日経新聞記事「「第5波」子ども感染が急増 今春の3倍、家庭内で広がる 別のウイルスも流行」によれば、

「(前略)

「家族で一気に感染してしまった。気をつけていたのに……」。7月末、東京都内の小児科専門病院に入院した小学5年男児の母親は嘆く。

 

 すでに高校生の兄(16)、大学生の姉(21)の感染が判明していた。保健所の案内で、2人がようやく療養先のホテルに移動できたのは、発熱から4日が経過してから。この時点で男児も発熱していたという。母親は「会話はスマートフォン越しにするといった対策をとったが、トイレなど別々にできない場所もあった」と話す。

 

 厚生労働省の集計をもとに年代別のコロナ感染状況を分析したところ、8月5~11日は10代未満が5422人、10代が1万826人と、いずれも最多となり、「第4波」のピーク時(5月13~19日)から3倍程度増えた。

 全世代に占める割合もそれぞれ5.8%、11.5%と、これまでで最も高くなった。

 

 子どもが感染しても、無症状や軽症にとどまることが多い。ただ自宅で過ごす時間が長い夏休み中ということもあり、家庭内での感染が疑われるケースが少なくない。実際、8月11日までの1週間の新規感染者は、子育て世代の20~30代が全体の半分近くを占めた。

 

 9月からの新学期再開への影響も懸念される。文部科学省の担当者によると、「現時点では一斉休校などの要請は検討していない」といい、「各教育委員会が(感染状況など)地域の事情を考慮して判断してほしい」と話す。

 

 東京都教委も都内全域での休校を想定しておらず、学校単位での判断に委ねる方針。感染状況が見通せないなか、都内の公立中の男性校長は「休校などの措置をとるなら、そろそろオンライン授業の準備を始めないと間に合わない」と焦りをにじませる。(中略)

 

 聖マリアンナ医科大病院小児科の勝田友博医師は、感染力の強いデルタ型の流行で「家族の誰かがコロナをひとたび持ち込むと、全員がほぼ確実に感染する」と強調。「大人が外での行動に気をつけるなどの対策が自分のためでもあり、子どものためでもある」と警鐘を鳴らす。」

 

(関連記事)

#東京都コロナ7日間移動平均新規感染者数4527人(前週比1.14倍)、8月17日。 - 願!コロナ退散