願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#自宅療養 オンライン診療「品川モデル」

〇 8月18日付テレ朝news記事「“限界”の自宅療養に期待「品川モデル」とは?」によれば、

「(前略)

 先月、品川区で始まったのが、「軽症」で自宅療養をする人向けのオンライン診療「品川モデル」です。

 

 品川区医師会理事三浦医院・三浦和裕院長:「保健所、患者、クリニック、病院、全部が楽になるシステムだと思っています」 仕組みはこうです。

 保健所から診察が必要と判断された人にURLが送られ、患者はスマートフォンやパソコンでアクセスし、名前や症状などを登録。

 すると、オンライン上で受診待ちの状態となります。

 それを品川区にある8つの医療機関の中から手が空いている医師が上から順番に診察をしていきます。

 家にいながらオンライン上で「待合室に入り、診察を受ける」イメージです。

 診察後、医師が処方箋(せん)をFAXすれば、薬局が解熱剤やせき止めなどの薬を家まで配達してくれます。

 

 品川区医師会理事三浦医院・三浦和裕院長:「お互い待ち時間がないという、ストレスがなくなるメリットですよね」

 比較的症状が軽い人をオンラインで効率良く診察できれば、結果、保健所や在宅医療の負担を減らすことができるということです。」