願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#高齢者コロナ感染 8割超がワクチン接種済なのに、なぜ感染が増えているのか

〇 8月30日付日刊ゲンダイ記事「都内で高齢者のコロナ感染が増えている不気味…8割超がワクチン接種なのにナゼ」によれば、

「(前略)

 65歳以上の接種は4月にスタートし、全国で87.16%(28日時点)が完了済みだ。東京都でも83.94%(同)が2回目の接種も終えているが、なぜか高齢者の感染が増えている。

 新規感染者数に占める割合は7月27日~8月2日には2.7%まで減少したのに、再び上昇。8月17~23日は4.3%に増えた。(中略)

 

 都医学総合研究所がまとめた「都内主要繁華街における夜間滞留人口の年代別占有率」によると、午後10時~深夜0時の65歳以上の割合は、8%(14日時点)から9%(21日時点)に伸びている。

 

 昭和大医学部客員教授の二木芳人氏(臨床感染症学)は言う。

 

「ワクチンの感染防止効果は100%ではありません。十分な抗体を得られない人が一定数は出てしまうので、接種を完了したからといって安心はできない。

 デルタ株の猛威は続いていますから、とりわけ高齢者や基礎疾患のある人は注意が必要です。人混みでウレタンマスクはダメ。うつらない、うつさないためにも不織布マスクをつけましょう」

 

 和歌山県がまとめた「ワクチン2回接種後の抗体保有調査結果」(12日付=7月下旬~8月上旬実施、対象100人)は、抗体が作られなかったり、中和抗体獲得に至らなかったとみられるケースを指摘。

 

抗体値が十分上昇しない事例は、高齢者や一部の基礎疾患を持つ者で見られた

抗体値が高値であっても、PCR陽性で発症例があること、更には、他者に感染させた事例もある」と分析している。(後略)」

 

〇 ワクチンの感染予防効果は、時間の経過とともに低下することが明らかになっています。

 今年の春先にワクチンの優先接種を受けた高齢者の感染予防効果が低下していることも感染増の理由の一つと思われます。

 

(関連記事)

#ワクチン3回目接種 早ければ医療従事者は10月末から。高齢者は来年1月から=河野ワクチン大臣 - 願!コロナ退散