願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ保険 第一生命、「コロナ感染で10万円」保険の販売休止

〇 9月1日付朝日新聞記事「コロナ感染で10万円」保険の販売休止 第一生命、感染急拡大で」によれば、

第一生命保険は、新型コロナウイルスに感染すると10万円の保険金が受け取れる保険商品について、1日から販売を一時的に休止すると発表した。

 

 国内の感染状況に応じて保険料が変動するしくみだが、感染者が想定外に増えて保険料を大幅に値上げしなければならなくなり、商品が維持できなくなると判断した。今後、保険料などを見直し、再販売する方針だ。

 

 販売を一時休止するのは、グループ子会社の「第一スマート少額短期保険」が4月からインターネット限定で販売している少額短期保険「コロナminiサポほけん」。

 保険料は3カ月980円で、医師からコロナ感染と診断されると10万円の保険金が受け取れるしくみ。

 契約者は約2万人にのぼり、すでにある契約は引き続き有効という。提携企業経由では変動幅上限の3カ月2270円で販売を続けている。」

 

〇 保険会社への提案なのですが、コロナワクチン保険を販売したらどうでしょうか。

 ワクチン接種後死亡者は1000人に達していますが、政府から補償金を受け取った遺族はいません。

 政府は、今後も情報不足を理由に因果関係を認めることはないと思われますが、遺族は納得できないでしょう。

 

 保険金支払いの条件は、医師から厚労省へ副反応報告があったもののうち、評価不能とされたケースとし、因果関係なしと判定されたものは、支払から除外するようにします。

 

 ワクチン接種後死亡者は、ファイザー製で接種者100万人に対し19.6人、モデルナ製で100万人に対し1.2人であり、保険料は安く抑えることができると思われます。

 

 

ワクチン接種後死亡 因果関係評価結果(厚労省

 

令和3年2月17日~8月8日報告分

   
         
   

ファイザー

モデルナ

   

α

否定できず

0

0

0

β

認められず

5

0

5

γ

評価不能

986

11

997

 

991

11

1002

         

(注)

       

α

ワクチンと死亡との因果関係が否定できないもの

β

ワクチンと死亡との因果関係が認められないもの

γ

情報不足等によりワクチンと死亡との因果関係が評価できないもの

資料 厚労省「日本における死亡として報告された事例の報告件数」

https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000823373.pdf

 

〇 なお、中国では、すでにコロナワクチン保険が販売されています。

「コロナワクチン保険」の出現(中国) |ニッセイ基礎研究所

 

#コロナワクチン保険