願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#ブレイクスルー高齢者施設クラスター 「施設の全員がワクチン接種してたのに…」。高齢者施設で15人が感染、北海道

〇 9月8日付北海道放送記事「施設の全員がワクチン接種してたのに…「ブレイクスルー感染」が拡大 北海道」によれば、

新型コロナウイルスのワクチンを2回接種した後に感染する「ブレイクスルー感染」。

 「ブレイク・スルー」とは「突破する」という意味ですが、ワクチンの効果を「突破」する感染力の強さが懸念されています。

 

 「ワクチン接種が2回終わっていると、ちょっと安心があった。あッ、ついに来たかってところは正直ありますね」(ナーシングホームしあわせ八軒・加藤美佳看護師)

 

 札幌にある医療対応型老人ホームです。先月23日、80代の入居者の陽性が判明、その後、入居者6人と職員8人の合わせて15人が感染するクラスターが発生しました。

 

 この施設では、7月下旬までに入居者25人中24人がワクチン接種を2回済ませていて、残りの1人も1回目は接種済みでした。職員も2回の接種が完了し、感染対策の徹底に努めてきましたが、ブレイクスルーによるクラスターを防ぐことはできませんでした。

 現場の看護師は、感染力が強い「デルタ株」の怖さを感じています。

 

 「ここまでかなり(感染対策を)徹底してきたつもりだったので、それだけ強いウイルスなんだと痛感しています」(加藤美佳看護師)

 

 ワクチンを2回接種した後に感染する「ブレイクスルー感染」。

 

 北海道医療大学の塚本容子教授は、こう分析しています。

 

 「ウイルスというのはどうしても変異してしまう。いくらワクチンを打ったとしても、免疫力が何らかの事情で低下してしまうと、やはり感染してしまう」(北海道医療大学・塚本容子教授)

 

 塚本教授は、ワクチン接種で「重症化を抑える効果は確認されている」と話す一方、ウイルスから完全に守るものではないと説明します。

 

 「ここから危惧されるのは、このブレイクスルー感染が抗体価が下がっただけなのか、デルタ株によるものなのかは分からない。

(ワクチンを)3回打てば防げるかってことでもないと思う」(北海道医療大学・塚本容子教授)

 

 「ブレイクスルー感染」は、医療機関介護施設を中心に広がっていて、塚本教授はワクチンを接種したからと油断せず、基本的な感染対策と日ごろの健康の維持に努めるべきだと話しています。」

 

(関連記事)

#ブレイクスルー感染 ワクチン2回接種の高齢者に感染が増えている理由=専門家 - 願!コロナ退散

 

#ブレイクスルー感染

#施設ブレイクスルー感染