願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#ワクチン・検査パッケージ 政府分科会資料によれば、ワクチン接種、または、検査の意

〇 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が発表した「ワクチン接種が進む中で日常生活はどのように変わり得るのか? 令和3年9月3日」によれば、

https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/taisakusuisin/bunkakai/dai7/vaccine_nichijou.pdf

 

以下は、抜粋

・ 必要な感染対策を講じながら、可能な限り制約のない日常生活に徐々に戻していくためには、科学技術の一環としてワクチンと検査を組み合わせた“ワクチン・検査パッケージ”を活用することも重要になる。

 

・ ワクチンの効果の限界としては主に3つ考えられる。

①デルタ株が主流になった現在でも、重症化予防効果は高いと考えられるが、完全ではないこと。

 

②本人の感染予防効果については、上記の効果に比べて弱く、ワクチンを接種したとしても感染が生じるいわゆる“ブレークスルー感染”(ワクチン接種後の感染)が一定程度生じること。

 したがって、ワクチンを接種した場合、本人の利益はある一方、本人が感染し、他者に二次感染させる可能性があること。

 

③ワクチンにより獲得された免疫は数か月で徐々に減弱していく可能性も指摘されていること。このことから、追加接種の議論を進めていく必要があること。

 

・ “ワクチン・検査パッケージ”とは?

 “ワクチン・検査パッケージ”はワクチン接種歴及びPCR等の検査結果を基に、個人が他者に二次感染させるリスクが低いことを示す仕組みである。

 

 しかし、検査の陰性やワクチン接種歴は他者に二次感染をさせないことや自らが感染しないことの完全な保証にはならない。

 

 ワクチン接種歴の確認については、接種済証や接種記録書を用いることが考えられる。なお、その利用にあたっては、ワクチンを2回接種後2週間経過している場合に有効とすることが考えられる。また、時間経過による感染予防効果の低減も考慮して、最後のワクチン接種後から一定期間のみ有効とすることも考えられる。

 

〇 ワクチン・検査パッケージとは、ワクチンand 検査なのかと思いきや、ワクチンor 検査というのが、政府分科会の考えのようです。

 なぜ、パッケージという紛らわしい表現にしたのか、その真意は不明ですが、どちらともとれる表現にして、後は、国民に任せたというところでしょうか。

 

(関連記事)

#旅行解禁 団体ツアー、10月以降出発。ワクチン2回接種か検査で陰性の人に限定 - 願!コロナ退散