願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#行動規制緩和 ワクチン接種有無で店内エリア分けやクーポン付与を検討=政府の実証実験

〇 9月22日付毎日新聞記事「接種有無で店内エリア分けやクーポン付与を検討 政府の行動緩和実験」によれば、

新型コロナウイルスのワクチン接種進展に伴い、政府が10月に飲食店やコンサートホールなどで始める行動制限緩和の実証実験の内容が判明した。全国10カ所程度の地区が指定され、ワクチン接種の有無で飲食店内のエリア分けやクーポン券付与などを検討する。(中略)

 

 実験の対象は飲食店やコンサートホール、ライブハウスなど。指定された地区では、ワクチン2回接種済み証や検査陰性の証明書を持参した利用者に対し、飲食店が任意でクーポンを付与できるようにする。

 飲食店の経営者や利用者、地元経済団体に対するアンケートも実施する。コンサートホールやライブハウスでは収容人数の制限を緩和する。いずれもスタッフによる証明書のチェック体制を確認し、施設運営への影響や感染リスクの高まりなどについて検証する。

 

 具体的な地区やデータ取得の方法などは自治体と協議して最終決定する。

 実験の期間は10月中の2~3週間程度を想定している。北海道や埼玉県、大阪府、福岡県などが参加を表明している。参加を希望する都道府県からの申し込みは17日で締め切っており、政府は週内にも実施場所や内容を公表する。(中略)

 

 ◇行動制限緩和の実証実験の内容

 

▽期間

 10月中 2~3週間程度

 

▽対象

 指定された地区の複数の飲食店、コンサートホール、ライブハウス、その他イベント会場

 

▽措置

・利用者のワクチン接種証明や陰性証明の確認

・接種完了者と非接種者の利用エリアを分けた誘導やサービス

・経営者や利用者、地元経済団体にアンケートを実施

 

▽検証点

・感染リスクが高まらないか

・証明や本人確認などチェック体制は十分か

・施設の営業や運営に支障を来さないか」

 

〇 10月以降、いわゆる「ウィズコロナ」が始まります。