願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#今後のコロナ 「さらに強いコロナウイルスが出てくるとは考えにくい」。英、ワクチン開発研究者

〇 9月24日付Wow! Korea記事「英ワクチン開発者、「新型コロナ、さらに致命的な変異の可能性はない」と主張」によれば、

「(前略)英紙テレグラフによると、アストラゼネカワクチンの共同開発者で、オックスフォード大学のサラ・ギルバート教授は22日(現地時間)、英国王立医学会のオンラインセミナーで「一般的にウイルスは、だんだん免疫力が強くなっていく人間の間に広がるため、ウイルスは致命的にならない傾向がある」とし、「さらに強いコロナウイルスが出てくるとは考えにくい」と述べた。

 

 ギルバート教授は「スパイクたんぱく質が人体細胞に浸透するには、細胞表面のアンジオテンシン転換酵素2(ACE2)受容体と相互作用をしなければならないため、ウイルスが完全に変異することはできない」とし、「(コロナ)ウイルスがスパイクたんぱく質を変えすぎると、受容体と相互作用ができなくなり、人体に侵入できない」と説明した。

 続いて「そのためウイルスが(人体の)免疫力を避けながらも、依然として伝染性の強いウイルスになりそうなところが、それほど多くない」と述べた。

 

 ギルバート教授は、新型コロナウィルス感染症は結局、普通の風邪や呼吸器感染を引き起こす、他の季節性コロナウイルスと似てくると予想した。

 「このウイルスが徐々に遺伝的変動を見せる傾向がある。しかし、他のすべての季節性コロナウイルスがそうであったように、人々の免疫力がいっそう高まるだろう」とし、「数十年間経っても、私たちがよく認知できない4種類のヒトコロナウイルスがある」と指摘した。

 また、「結局新型コロナウイルスもそのうちの一つになる」とし、「問題はどれだけ長くかかるか、その間どのようにこれを管理するか」と付け加えた。

 

 この日のセミナーに一緒に参加した英国COVID-19ゲノム・コンソーシアム(COG-UK)のシャロン・ピーコック局長は、「デルタ株の発生以降、かなり治まっている。憂慮する新しい変異はないと考えた方が良い」と述べた。」