願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ飲み薬 年内にも。軽症者用、米メルクなど最終治験

〇 9月24日付日経新聞記事「コロナ飲み薬、年内にも 軽症者用、量産が容易 米メルクなど最終治験」によれば、

新型コロナウイルスを治療する飲み薬が年内にも登場する見通しだ。(中略)

 

 米メルクは米新興リッジバック・バイオセラピューティクスと抗ウイルス薬「モルヌピラビル」を開発中だ。

 全世界で治験をしており10月にも治験データを公表するとみられる。2021年中に米国で緊急使用許可を申請する見通しを明らかにした。その1~2カ月後に日本でも特例承認を申請する可能性がある。

 

 もとはインフルエンザの治療用だったが、コロナにも効果が見込まれる。米保健福祉省(HHS)はメルクと170万回分を12億ドル(約1300億円)で購入する契約を結んだ。メルクは21年末までに1000万回分を生産するための量産準備を進めている。

 

ファイザーも同様の抗ウイルス薬を手掛ける。02~03年に重症急性呼吸器症候群SARS)向けに開発していたものを改良し、静脈注射タイプと経口タイプの2種類を開発中だ。

 入院していない軽症から中等症の患者を対象とする。21年10~12月中に初期データを公表する見通しを明らかにしており、早期の実用化が見込まれている。(中略)

 

 メルク、ファイザーの治療薬候補への緊急使用許可が年内に米国で出れば、日本でも早ければ21年中、遅くても22年初めには医療現場で使えるようになる可能性がある。

 

 治療薬では重症化リスクが高い軽症患者に使用できる抗体カクテル療法などもある。ただ点滴投与が必要で、問診や経過観察も含めて1回の治療に3~4時間近くかかることもある。

 2種類の抗体を組み合わせる「ロナプリーブ」は米国では1回あたり2100ドルと費用負担も重い。一定の医療水準と財政的な余裕がある国や地域でしか使いにくい。

 

 インフルエンザ治療に使うタミフルのような飲み薬の抗ウイルス薬が登場すれば、こうした課題を解決できる可能性がある。処方や服用も簡単で在宅療養中の軽症患者の治療にも使える。

 

 ウイルスの増殖を防ぐ仕組みのため、変異したウイルスにも効果が期待できる。化学合成で製造できるため既存の医薬品工場を転用でき、増産が簡単なため生産コストは抗体薬の10分の1以下に抑えられる。

 

 飲み薬タイプの開発は塩野義製薬も7月に第1段階の治験を始めた。年内にも大規模な治験を始める予定で、22年中の実用化を目指すもようだ。スイスのロシュが開発中の抗ウイルス薬は中外製薬が日本での開発と販売権を取得し、22年に全世界で実用化する考えだ。(後略)

 

(関連記事)

#コロナ飲み薬 米ファイザー、日本でも治験へ - 願!コロナ退散