願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#ブレイクスルー施設クラスター 2回接種後でも高齢者施設・病院クラスター、各地で

〇 9月25日付日経新聞記事「2回接種後でもクラスター ブレークスルー感染、各地で」によれば、

新型コロナウイルスのワクチンの2回接種を終えてから感染する「ブレークスルー感染」が絡むクラスター(感染者集団)の発生が病院や高齢者施設などで目立ってきた。2回接種した人は感染しても未接種者より軽症で済むケースが多いが、体調の変化に気付きにくく対応が遅れる恐れがある。

 

 群馬県伊勢崎市の病院では22日までに、10~80代の入院患者17人と職員8人の計25人の感染が判明した。うち24人はワクチンを2回接種済みで、残る1人は1回接種していた。県はクラスターと認定、病院は全ての病棟で入院の受け入れを停止した。

 

 和歌山県でも高野町特別養護老人ホームで24日までに、重症者1人を含む80~90代の施設利用者12人と職員2人の感染が確認された。全員がワクチンの2回接種を完了していたという。

 

 感染の第5波を引き起こしたデルタ型は感染力が強い。ワクチンの感染予防効果は5~9割などとする報告があり、接種しても感染の可能性は残る。一方、発症や入院を予防する効果は8~9割と報告され、重症化するリスクは低い。

 

 実際、福井県越前市の介護老人保健施設で9月に2回接種済みの約30人が感染したクラスターでは、いずれも軽症や無症状だった。担当者は「これまでの発生事例と比べても症状が軽い人が多かった」と分析する。

 

 ブレークスルー感染は症状が軽いことが多いとされているものの、感染そのものに気付きにくく、無症状のまま他人にうつしてしまう恐れが指摘されている。

 厚生労働省は2回接種した場合でも消毒や手洗いといった感染対策を呼びかけている。」

 

(関連記事)

#ブレイクスルー病院クラスター 25人中24人が2回接種、群馬県伊勢崎市。 - 願!コロナ退散