願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#抗体カクテル療法 大阪市、診療所外来で初投与

〇 10月1日付産経新聞記事「<独自>診療所外来で抗体カクテル療法 大阪で初投与」によれば、

大阪市の診療所が1日、新型コロナウイルスの重症化を防ぐ抗体カクテル療法を外来患者に投与した。

 診療所の外来診療での投与は厚生労働省が9月末、自治体に条件付きで可能と通知したばかりで、大阪府内では初めて。

 実施に必要な手続きを済ませた診療所は全国で数カ所にとどまり、先駆的な事例とみられる。

 

 全国で初めて自宅療養者への往診時に同療法を実施した葛西(かっさい)医院(大阪市生野区)の小林正宜(まさのり)院長(38)が1日夜に約30分かけ、発症から3日たった府内の40代男性に簡易テント内で投与した。男性は基礎疾患があり、ワクチンを接種していないという。

 

 事前に府内の病院との間で、急変時の対応支援も取り付けた。小林院長は投与後、「外来でも安全に実施できることが分かった。感染『第6波』に備え、病院や保健所の負担を減らせるようにしたい」と語った。」

 

(関連記事)

#第6波医療提供体制 病床確保計画、見直しへ=厚労省 - 願!コロナ退散