願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#抗体カクテル療法 大阪府、患者受け入れのない医療機関での実施を要請。患者が直接予約できる体制も整える。

〇 10月7日付関西テレビ記事「早期治療に有効な「抗体カクテル療法」の拡充を 患者受け入れのない医療機関での実施を要請 大阪府」によれば、

大阪府は、新型コロナウイルスの第6波に備え、患者を受け入れていない医療機関にも「抗体カクテル療法」の実施を要請しました。

 

 軽症・中等症向けの治療薬「抗体カクテル療法」はこれまで、患者を受け入れている医療機関に限り、外来の投与が認められていました。

 

 10月から国の通達で患者を受け入れていない医療機関でも可能になったため、大阪府は約100の医療機関PCR検査などを行う約1400のクリニックなどに、投与の実施を要請しました。

 

「発症から7日間以内が効果的、早ければ早いほど効果的だと言われているので、できるだけ早い段階で介入できるようにしたいと思っている」

 

 今後、抗体カクテル療法が受けられる医療機関名を公表し、患者が直接予約できる体制も整えるということです。」

 

(関連記事)

#抗体カクテル療法 大阪府、1400診療所に準備要請。第6波に備える - 願!コロナ退散