願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#東京都HERーSYS  同システムによるコロナ発生届は約5割。

〇東京都医師会は2021年9月14日付で医師向けに「HER-SYS、My HER-SYSを利用しましょう」との呼びかけを行っています。

HER-SYS、My HER-SYSを利用しましょう | 公益社団法人 東京都医師会

 

コロナウイルス感染症に対する検査診療医療機関は、自院にてPCRもしくは迅速抗原検査で陽性が判明した場合、保健所へ発生届を提出する必要があります。

 このとき、以前はFAXにて手書きの発生届を送付していただきましたが、現在では厚生労働省の「HER-SYS」を用いた発生届作成・登録システムを用いた登録が可能となっています。

 これは保健所における手書き情報のPC入力の手間を減らし、ひいては患者さんへの対応効率化に結びつけることが可能となります。

 

 今般の急速な新型コロナウイルス感染症感染拡大に対し、自宅療養者への保健所からのアクセスが遅延する事態が生じており、経過観察のために電話をかけたりオンライン診療を行うなどの取り組みが進んでいます。

 実は、こうした陽性判明患者のためにHER-SYSには「My HER-SYS」というサブ機能が設けられています。

 これは陽性を報告した検査医療機関も経過観察に利用でき、保健所側からも陽性患者の容態把握が容易になるという利点があります。

 

 すでに東京都から診療検査医療機関あてに発出された文書でもこのMy HER-SYSを利用することが推奨されています。

 このため、本ページでは①まだHER-SYSを利用していない診療検査医療機関に向けてHER-SYSを利用しましょう、また②まだMy HER-SYSを利用していない場合にはその機能をぜひ利用しましょう、ということをお知らせすることにいたします。」

 

<現状>

 急速な感染拡大を受け、陽性確定後、保健所から陽性者への初回の連絡(ファーストコンタクト)に時間を要する事がある。

 陽性者の健康確認を行うため、1人ずつ架電しており、人員と時間が不足する。

 ⇒保健所ではMy HER-SYS等の導入により改善に努めている。

 

<今後>

 診断時点から健康観察を開始することにより、各患者の症状の変化を速やかに把握していただくことにより、患者の療養環境を確保することができる。

 診療・検査医療機関においてもHER-SYS IDを発行し、My HER-SYSでの健康観察を推進することで遅滞なく健康観察が開始できる。

 

 HER-SYSでの届け出は約5割であり、保健所で登録に時間を要している。

 

 FAXによる発生届の場合は、検査で陽性判明後、保健所職員が健康観察を開始するまで、4~5日かかる場合がある。」

 

(関連記事)

#HER-SYS コロナ感染者情報を国や自治体が共有するシステム。厚労省運用、2020年5月から稼働 - 願!コロナ退散