願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ医療体制 保健所が入院・宿泊療養・自宅療養の判断を行うシステム

〇 現在、コロナは、国により、指定感染症として定められており、国民への医療提供は保健所経由で行われます。

 

 東京都の場合、検査から入院・宿泊療養・自宅療養までの流れは、東京都の「新型コロナウイルス感染症 検査を受けた方へ」によれば、以下の通りです。

新型コロナウイルス感染症 検査を受けた方へ 東京都福祉保健局

 

「(前略)

 検査を受けた医療機関から検査結果をご連絡します。

 

 結果が陽性の場合は、住所地の保健所から陽性者の方へ電話で連絡があります。

 

 療養先を決定するために症状や既往歴の聞き取りを行うとともに、重症化リスクや濃厚接触者や感染源を把握するために健康状態や行動状況などの聞き取りを行います。

 

 症状や重症化リスク、検査を受けた医療機関の医師の意見等を踏まえ、保健所が入院か宿泊療養等かを判断します。

 

 入院先の移動方法や移動時間については、保健所からご連絡します。

 

 宿泊療養施設への移動方法や移動日時については、東京都福祉保健局(宿泊療養担当)からご連絡します。」

 

〇 医師の役割は、検査を行い、結果が陽性の場合は、保健所に届け出を行うところまでです。

 

 第5波では、業務多忙となった保健所から陽性者への連絡が遅れ、陽性者は自宅に放置されるケースが増加しました。

 そのため、東京都では、医師会の協力のもと、保健所から陽性者に連絡がいくまで、保健所に代わり、健康観察を行う体制を構築しようとしています。

 

 現行のコロナ医療体制のもとでは、保健所がボトルネックとなっており、感染拡大期には、国民は迅速かつ適切な医療サービスを受けることができません。

 

 国が、コロナを指定感染症から外し、インフルエンザのような扱いにすれば、保健所を通すことなく、通常の医療サービスを受けることができるのですが、国民はその日が来るのを待つしかありません。

 

(関連記事)

#第6波東京医療体制 「早期発見・早期介入・早期治療」=都医師会尾崎会長語る - 願!コロナ退散

 

#指定感染症