願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#ワクチン接種 10代・20代の男性に対しファイザー製を推奨へ=厚労省

〇 10月13日付NHK記事「10代・20代の男性 ファイザーワクチン接種検討を推奨へ 厚労省」によれば、

モデルナの新型コロナウイルスワクチンをめぐって、厚生労働省は、ごくまれに若い男性で心臓の筋肉などに炎症が起きるおそれがあるとして、念のため10代と20代の男性に対し、ファイザーのワクチンの接種を検討するよう勧める方向で調整に入りました。

 

 海外では、モデルナのワクチンの接種を受けたあと、心臓の筋肉や心臓を包む膜に炎症が起きる「心筋炎」や「心膜炎」が疑われる事例が、ごくまれに報告され、若い男性ほど多くなる傾向があります。

 

 厚生労働省によりますと、

 国内でも先月12日までにいずれも男性で

▽モデルナのワクチンを接種した、

 20代で100万人当たり17.1件、

 10代で21.6件の心筋炎などが報告され、

ファイザーより、

 20代で100万人当たり4件、

 10代で19.7件上回っているということです。

 

 厚生労働省は「頻度としてはごくまれで、軽症の場合が多く、接種によるメリットのほうがはるかに大きい」としていますが、念のため10代と20代の男性には、リスクを説明したうえで、ファイザーのワクチンの接種を検討するよう勧める方向で調整に入ったことが関係者への取材で分かりました。

 

 1回目にモデルナのワクチンの接種を受けた場合も、2回目はファイザーのワクチンへの切り替えることを勧めるということです。

 

 厚生労働省は、この方針を15日開く専門家部会に諮ることにしていますが、科学的根拠や年齢の線引きなどをめぐって議論が難航することも予想されます。

 

 モデルナのワクチンをめぐっては、同じような理由でフィンランドが30歳未満の男性へのモデルナワクチンの接種を中断することを明らかにしているほか、スウェーデンも30歳以下への接種を中断してファイザーのワクチンに切り替えると発表しています。(後略)」

 

#モデルナワクチン副反応