願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#第6波自宅療養体制 東京都練馬区、陽性判明日以降、自宅療養が解除される日までの間、かかりつけ医が電話診療による健康観察・治療を行う

〇 東京都練馬区のホームページによれば、

https://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/koho/hodo/r3/r309/20210916.files/20210916-01.pdf

「区は、9月17 日から、自宅療養者の症状が悪化した際、早期に医療につなげられるよう、練馬区医師会や練馬区薬剤師会、東京都と連携し、医療提供体制の更なる強化を図る以下の取組みを実施します。

 

①かかりつけ医等による健康観察(早期介入)

 多職種で早期に介入する仕組みを構築します。

 

②電話診療を中心とした在宅における医療支援

 医師・訪問看護師・薬剤師が連携した対応を行います。

 

練馬区酸素ステーションの設置

 酸素投与が必要となった場合の受入先として、光が丘第七小学校跡施設に開設します。

 

(詳細)

① かかりつけ医等による健康観察(早期介入):区独自の新たな取組

 

 PCR検査で陽性が判明した患者に対して、自宅療養が解除される日までの間、かかりつけ医が電話診療による健康観察を行います。

 

 また、自宅療養中に当該医師の処方に基づき、薬を提供(置き薬)した薬剤師による電話健康観察も併せて行います。(事業のイメージ:別紙1のとおり)

 

別紙1

https://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/koho/hodo/r3/r309/20210916.files/01.pdf

 

〇 練馬区の自宅療養体制の画期的な点は、健康観察を行うのが保健所ではなく、PCR検査を実施した医師であるところです。

 先ず、検査結果を陽性者に伝える際に電話診療を行い、その後も、自宅療養期間が解除されるまで電話診療を続け、必要時には薬を処方する。薬は、薬局から自宅療養者に届けられます。

 また、入院が必要な場合は、医師が保健所に入院調整の依頼を行う、というものです。

 

 電話診療の限界はあると思いますが、保健所による健康観察に比べ、一歩、前進していると思います。

 

(関連記事)

#第6波医療体制 岸田首相、病床増強、緊急時の一般医療の制限。地域医療機関を活用、検査判明日に診察 - 願!コロナ退散

 

 

#練馬区自宅療養体制