願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#国内コロナワクチン開発 KMバイオロジクス(熊本市)、治験が最終段階に 2千人規模で開始。2022年度中の実用化目指す

〇 10月21日付熊本日日新聞記事「KMバイオ、治験が最終段階に 新型コロナワクチン、2千人規模で開始」によれば、

KMバイオロジクス(熊本市は22日、開発中の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)が最終段階に入り、2千人に規模を拡大した治験を国内で始めたと発表した。

 この日、被験者数人に1回目を接種した。2022年度中の実用化を目指している。

 

 国内12の医療機関で、ワクチン未接種の18歳以上の健康な男女に27日の間隔を空けて2回接種し、有効性と安全性を検証する。

 

 3月に始めた20歳以上の210人を対象にした初期段階の治験で、高い安全性と一定の有効性を確認したため、次の段階に進んだ。

 

 KMバイオが開発するのは従来型の不活化ワクチン。同社は今回の治験を着実に実施しながら、最終の第3相治験への準備を進めるとしている。同社は、3回目接種や若年層向けの治験も検討している。

 

 国産ワクチン開発を巡っては、塩野義製薬第一三共も21日、初期段階の治験で安全性と有効性を確認し、次の段階の治験に進むと発表した。」

 

(関連記事)

#塩野義コロナワクチン開発 3千人規模の治験開始。年度内の実用化目指す - 願!コロナ退散

 

#第一三共コロナワクチン開発 初期臨床試験で効果確認。2022年中の実用化を目指す - 願!コロナ退散