願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ飲み薬 モルヌピラビル、「日本に年内供給も」 米・メルク開発責任者

〇 10月29日付FNNプライムオンライン記事「新型コロナ飲み薬 「日本に年内供給も」 米・メルク開発責任者」によれば、

「世界初の新型コロナウイルスの飲み薬として注目されている、アメリカの製薬大手「メルク」の「モルヌピラビル」。

 

 この飲み薬の開発責任者が、FNNの単独インタビューに応じ、「日本への年内の供給」も現実的だとの見方を示した。

 

「モルヌピラビル」開発責任者 ダリア・ハズダ氏「(年内供給は夢ではない?)はい、実現に期待している。経口薬の一般供給に日本などの規制当局が素晴らしいスピードで協力してくれていることに感謝している」

 

 メルクが手がける「モルヌピラビル」は、世界初の新型コロナウイルスの飲み薬として注目されていて、日本政府も承認申請されれば年内にも特例承認し、調達する方針

 

 ハズダ氏によると、薬は「食事とは無関係に服用」でき、「1日に2回、およそ12時間あいだを開けて5日間服用」するもので、短期間の治療が可能だという。

 

 ハズダ氏はこの飲み薬がコロナとの闘いにおいて、「重要な役割を果たす」としている。

 

 「モルヌピラビル」開発責任者 ダリア・ハズダ氏「患者のみならず、医療体制、医療機関や医師の負担が軽減される」

 

 予防的に「モルヌピラビル」を服用する治験も濃厚接触者を対象に進められているという。

 

 一方、国内では、塩野義製薬新型コロナウイルスの飲み薬を開発中で、9月から最終段階の臨床試験を開始している。

 年内にも承認申請し、年度内に供給を開始することを目指していて、100万人分は年度内に用意する方針。」

 

(関連記事)

#コロナ飲み薬 モルヌピラビル、発症5日までに投与。迅速にPCR検査を受けられるかがカギ - 願!コロナ退散